FC2ブログ

やはり中島翔哉・・・Vol.1839


怪我のためAFCには出れなかったが、ポルトガルからカタール、アルドゥハイルに移籍した中島翔哉が戻って来た。
22日コロンビア戦、「親善試合などというものはない、すべて真剣勝負だ!」と檄を飛ばすコロンビアの監督。結果は0:1で日本敗戦。負けはしたが、中でも中島は気を吐いていた。ファルカオもロドリゲスもいたが、中島の方が光っていた。ドリブル良し、パス出し良し、回りがよく見えている、彼がボールを持ったら皆信じて走れ!だ。

26日には対ボリビア戦。2戦続けて負ければ叩かれるのが目に見えていたが、さすが勇気ある森保監督、先発を全員入れ替えて来た。躍進めざましい南野、中島、堂安の三銃士に替えて香川、乾、宇佐美が登場。悪くはない試合展開だったが、決まらない、変化がない、流れを変えたいということだろう、後半16分に乾に替えて中島、宇佐美に替えて堂安、23分には香川を下げて南野、小林を柴崎に交替させる。30分、堂安→南野→中島へとボールを繋ぎ、中島が股抜きシュート!でゴールをゲット。やはり中島!この3人は波長も合い、現段階ではトップ下の3人としては最強だろう。

1アップIMG_5951

2三銃士IMG_5947   3シュートIMG_5952
後半アディショナルタイム、逆サイドの堂安からのロングパスをリフティングしつつ前へ進む。遊び心も満載の中島。
4余裕IMG_5953   5楽しむIMG_5954
(写真はTBSテレビから)

柴崎も上手いしOK。初出場のFC東京の橋本も期待大だ。鹿島のDF安西も積極性は買える。
ワントップの鎌田と鈴木、この2人ももう1~2回は代表で観てみたい選手ではある。

3年後のカタールW杯は、気が早いが、歳から見ると、香川、乾の出番はなさそうだ。いずれ久保建英あたりが呼ばれてくる可能性は大だ、堂安と競わせればいい。中島と南野を脅かす若手の出現が望まれるが、中島のポジションでは鹿島の阿部が楽しみ。南野のポジションが見当たらない。
とりあえず6月のコパアメリカが楽しみ。出たくても所属クラブの都合で呼ぶことが出来ない選手も多そうだから、また新しく呼ばれる選手も出てくるはずだ。みんなワクワクさせてほしいものだ。

今日もご訪問くださってありがとうございました。 感謝です。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント