旅の空から[異国の細道]135・ウルグアイ 1 ・・・コロニア 1・・・Vol.177・2014.112.11.

きょうもまた、異国の細道をブラブラ歩いてきた。
移動日でないときは、何も持たない。ポケットにスマホとたばこ、小銭、それだけでまず歩く。
時々失敗をする。カメラを持って来ればもっとよく撮れたのに!と思う風景などに出会うからだ。
が、街の”感覚”をつかむには、旅人然とせず、チョット買い物に出てきた風を装って、歩く。
とまあ、そんなスタイルを基本にしている。

悪っぽいあんちゃんたちがいるときは、こっちも少しだけ肩で風を切って通り過ぎる。ガンは飛ばさない。
目が合えば、昼間なら”ブエノス・タルデス!”と先に声をかけてやる。先手必勝で、ほとんど”おっ!”といった具合で”こんちは”とかえってくる。
女性でも、人生の重さを一人で背負って歩いているような暗い怖い顔をしている人とバッタリ道角などで出会うことがある。
そんな時も”ブエノス・・・・”とやると、とてもいい笑顔になって挨拶がかえってくる。やっぱり声はかけてみるもんだ、とつくづく、思っている。

「ウルグアイへ行くなら、コロニアがいいわ。私の大好きな街よ!」とカラファテでお世話になった宿「MIYAZATO INN」の奥さん、エリザベスさんが言った。そんなことで、コロニア・デル・サクラメントにやってきた。
Colonia del Sacramento 世界遺産に登録されている街だ。

ブエノスアイレスの港をあとにして・・・
IMG_8931.jpg

コロニアに着いた。
IMG_8934.jpg
左の岬が西になる。
この丘陵地帯の上にメインストリートがあり、東から西の岬まで一直線に走っている。

コロニアの港から出て、すぐ目の前の通り。北に向かって少し上り坂だ。3ブロック行くとメインストリートに突き当たる。
IMG_8935.jpg

*ブエノスアイレスから高速船でラ・プラタ川を横切り、1時間でウルグアイのコロニアに到着する。
首都モンテビデオまでだと船で5時間だ。もちろんバスでも行ける。が、船を選んだ。
ブエノスアイレスのBUQEBUSというのが出航する港の名前で、ここでチェックインをし、イミグレを通り、出国と入国を一度で済ませる。ブースにアルゼンチンとウルグアイの係官が隣り合わせで座っており、とても効率的だ。

*ところで、8月に放映されたという東京TV「一体なぜ、こんなところに日本人?」で宮里さんのおばあさんが取り上げられた番組をごご覧になった方はいらっしゃらないのでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント