FC2ブログ

認知症について⑪そだね!/介護を楽にするコツ②相づち・・・Vol.1816


2、同情する=相づちを打つ

〇「ああ、そう、そんなことがあったんですか、大変ですね」というように、ひたすら相づちを打ち続けるのです。
グループホームなどで認知症者同士が楽し気に1時間も2時間も話をしています。話題が合っているんだろうなと思って脇で聴いていると全然違う話をしている。適当に相づちを打っているから楽しんでいるわけです。アレをやればいいんです。

〇ただ、適当に相づちを打っていると、「お前なんだ、俺の話をしっかり聞いていないだろう」などと言われることがあります。本人が時々正気に戻るときがあるのです。
どうするか?
ドキッとして、あたふたしないことです。
「あっ、ゴメン、うっかりしてどうも」などと言って上手く続けていくことです。

10ヒヤシンスIMG_5852

ヒヤシンス。

内田裕也逝く。ご冥福を祈る。♬ 朝日のあたる家 ♬ 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント