FC2ブログ

認知症について⑦孫だ犬だ/自己有利の法則・・・Vol.1812


「自分にとって不利なことは絶対に認めません」と先生。

それも、見事に認めません
一言こちらが言ったら三言四言かえってきます。
一般論として正しいことや難しいことをコトワザ付きでスカッと返してきます。
「こんなに頭が冴えているんだから、認知症じゃないんじゃないか?」と思えるほどです。

でも、おかしなことばかりで、平気で嘘をついたり、誤魔化しているわけです。
トイレの廊下前におしっこをしたりして、「俺がするわけがない。孫だろう」「そういえば犬がしてたな」などと平気でうそをつく。

こうなると介護者は大変です。
「なぜ、こんなズルい人の世話をしなくちゃいけないんだ」となる訳です。

でも、平気で誤魔化すこと自体が、これが認知症の特徴なんです。
「でも、先生、いくら認知症になったといってもそんな露骨な嘘までつかなくてもいいんじゃないですか?」と介護者。
自己防衛の本能なんです。能力が落ちたことを認めたくないし、責任を取りたくないんです」
「私たちは理性があるから、それを押さえていますが、彼らは判断力が落ちていますから平気なんです」「責めないで。カッカしないで受け流しましょう。それで楽になります」

ボクじゃないよIMG_4287
ボクのせいにされてはかなわないなあ。


今日もご訪問くださってありがとうございました。 感謝です。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント