FC2ブログ

五十肩に寄せて・優しいひとたち・・・Vol.1683


今日は思わず口笛が出た。鼻はグシュグシュして咳も出るが、気分は爽快だ。

丁度2年ばかり前になる、仲間内で信州・諏訪に旅行に行った。
現地集合で通された部屋に入ると信州在の友人YRがビニール袋をとりだして「これ持って行け」と袋ごと私にくれた。
YRは近年糖尿病やらほかのモノも併発して歩行が困難になっている。膝や足首や肘・肩・目など痛くない所がないという状態だ。神社などを参拝しても彼は階段下で待っている。それでも「この仲間と会うのは今年が最後かもしれない」という想いでやって来る。
「変なモノではない。病院できちんと処方されたものだ。ただ、貰いすぎて、こんなだ」「お前も膝が痛いとか言っていただろう、だから持ってきた。効果はある」とYRは言った。
ありがたくいただいた。

家に戻ってから早速使ってみた。ひざなどに塗ってみた。
しかし効果のほどはあまりわからなかった。
それもそのはずで、その時は別に痛くて困る所がなかったのだから。
そんなわけで、そのまま机の中にソレを仕舞い込んだのだった。
捨てようかと一瞬だけ思ったが友人の好意を無にしてはいけないと反省し仕舞ったのだった。

今日のことだ。
先日私が五十肩で大変だったということを聞き及んだ別の友人IMがメールをくれた。
「我が家には“魔法の水”があります。何度塗ってもOKです。効果抜群です」とある。
「その名は、スミルスチック3%です!」「おすすめします!」という。

「あれっ!」と思い机の中を漁った。
出て来た!
友人YRがくれたものと同じだった。

スミルの山IMG_5693


今回の五十肩では使わずに済んでしまったが、まだこんなにたくさんある、今度は必ず使おうと、友人2人の優しさが身に染みたのだった。次は肩にしみ込ませてやるぞ!と今は鼻息も荒い。
肩の痛みはイヤだが、早く使って見たくてウズウズしているのだから、なんともはや・・・。

こころ優しい友人たちよ、ありがとう!

*ひょっとして?と思い包み紙を見たら、2本はすでに昨年5月と12月で消費期限が切れていたが、残りはまだ大丈夫だった。期限切れでも多分効果が少しうすくなるだけだろうか?

今日は、♫ サツキに寄せて ♫ 北村英治が仲間への想いを呟くところもいい。



今日もご訪問くださってありがとうございました。 感謝です。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント