FC2ブログ

マチュピチュ・3・棚田・(彼方へ3)・・・Vol.1653


太陽の門」から真下を望む。

21太陽の門から下をプトゥクシ山IMG_5095

下方に川と道路が見える。道路の右上、白い道が途切れた先にマチュピチュ村があり、現在はその村から頻繁にバスが出ている。正面はプトゥクシ山、2500m、マチュピチュの都より100mばかり高いので都がよく見えるという。(もちろんこの山の頂上まで石のインカ道が出来ている。私も挑戦したが崖崩れで入山禁止、崩れた崖の下まで行かせてもらい残念ながら引き返した。)

「太陽の門」の崖上から身を乗り出すと棚田のような段々畑が絶壁のような急斜面に造られているのが見える。

22身を乗り出すとIMG_5092

23棚田のようにIMG_5145

バスはこの段々畑の写真左側斜面をクネクネと登って来る。今はそのクネクネ道路を、約100年ほど前にマチュピチュを再発見したアメリカ人の名前をとってビンガムロードと呼んでいる。
村からマチュピチュへ行く方法は3通りある。大多数がバスを利用する。2つ目は、このバス道に沿った小道を歩いて登る。標高差400mのこのコースは欧米の若者などが好む。3つ目がインカ道コースだ。一番時間がかかりガイドを付けて登る人もいる。天空の都が繁栄していた当時の正規ルートで長いこと歩いて「太陽の門」に出る。門から1時間ほどで都に着く。

これからマチュピチュに行く方には時間を作って村に数日滞在し、温泉に入りながら、周辺の山登りやインカ道散策などをお薦めしたい。

今日はブログ・テーマソングNo.2 ♫ 歩いて帰ろう ♪ で。



今日もご訪問くださってありがとうございました。 感謝です。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント