FC2ブログ

神事・的祭・・・Vol.1649


神奈川県相模原市田名、“水郷田名”の田名八幡宮で毎年1月6日、神事“的祭(まとまち)”が行われる。今年の豊凶を占う伝統行事だ。
的に弓を射り、当たり処で豊凶を占う。射手は4人、年ごとに男子の幼児が4人選ばれて射手となる。射手の付き添いは幼児の男親。

娘がこの田名に嫁いでおり娘の一番下の子、つまり孫が今年の射手に選ばれた。そんなことで誇らしげな気分となり八王子から車で駆けつけた。30分弱の距離だ。

宮中で祝詞があり、その後宮殿の周りを3回巡り、矢場に立ち的に向かう。
4人の幼児が「一の矢」から「三の矢」まで、ひとりずつ3本の矢を射る。計12本の矢が飛ぶ。

1IMG_5490 - コピー

2IMG_5501 - コピー

一の矢は「神の矢」:天下泰平国土安穏、二の矢は「地頭の矢」:領土安全、三の矢は「百姓の矢」:五穀豊穣。現代では豊凶を占うというより、これら泰平や安全、豊穣などを願い祈る行事となっているようだ。

4IMG_5437 - コピー

3IMG_5438 - コピー

田名八幡は諸説あるが古いところでは源頼朝の時代に創建されたとも言う。
由緒あることからか相模原市長も立会人を務めていた。

そんな昨日のことを思い出していたらピンポーンと玄関ベルが鳴った。
「子ども会でーす!」と子どもたちの声だった。
おお、そうだった。先ほど出かけた妻からも頼まれていた。
今日は子どもたちがお飾り集めに各戸を回ってくる日だった。
プーキーと玄関に出ると大勢の子どもたちがワイワイやっていた。
「おお、プーキー!」などと声を掛けてくれる子もいる。いいもんだ。
「ご苦労さん、これは気持ちだ」と言って寸志を上げる。ささやかだがこれは子ども会の資金になるのだ。

集められたお飾りは、来週のどんど焼きで燃やされ雲になり空に消える。
田名といい、我が地域といい、田舎なので、まだまだこんな風習や伝統が残っている。
子どもたちが、ある時は神妙に、ある時はワイワイガヤガヤと、地域の中に包まれる。
「いいことだ。大事にしていきたい」と思うひとときだ。

今日もご訪問くださってありがとうございました。 
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて
今日もいい日でありますように!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

こんばんは

的を狙っているのがお孫さんでしょうか?^^
ちょっと誇らしくも嬉しくもありますよね!
来週はどんど焼でしたか。今年はすっかり頭の中から吹っ飛んでいました。^^

MTさん

はい。まったく・・・。

そちらでもどんど焼きありますか?

どんど焼き

うちの方では浅川まで出るとやっているようです。
以前はよく上恩方町のどんど焼きの様子を見に行ったりしていました。

お元気ですか

おはようございます
ご無沙汰しております。
お元気ですか
hasi sangからブログのアドレスが分かるようになりました.
お元気そうで気分がいいです。
ブログ面白いです。
韓国でブログを熱心に見て応援します。


From 15期 研修生 朴

パクさんへ

パクさん、お久しぶり!
大変嬉しいコメントでした!
百済で会ってからですから、もう10年くらいたちますかね?

お元気のようで何よりです。
今年も良い年でありますように!
昨夜は松寿さんと新年会でした。

これからもよろしくお願いいたします。
なお私の名前は浮雲ですから、よろしく(笑)。

おはようございま. パクです。

おはようございます
ご返事ありがとうございます
日本で手伝ってくれた皆さんにお目にかかってきますね。
時間があれば日本全国を通いながら日本の知り合いに会いたいです。
よろしければ私が電話したいのですが。
私のメールで電話番号を送っていただけませんか。
pnk777@childfund.or.kr
今日も活気に満ちた一日になってください。
ありがとうございます