FC2ブログ

あの向こう・マシーンが帰って来る・・・Vol.1626


生々流転。
昨日あったものが今日はもう消えている。
何気ない日常だが、確実に何かが変わっていく。

トンネルが掘られている道路の上に立って、住んでいる地域側から東を見ると、トンネルの出口前に小山があったのだが、一部木々が伐採されてはげ山になりかかっている。
やがてはげ山も削られ向こうの町並みなどが見えてくるのだろう。

向こうの小山の尾根は左から右方面に続く山の小道で「榛名ウォーキング道」となっていてはるか先、法政大学まで続き、さらにその先へと続いている。
時々歩く山道で好きな場所だ。
だから一部とはいえ伐採は残念で寂しい。

1伐採29日IMG_5265   2伐採前17日IMG_5204
左が11月29日、右が11月17日の風景。

小山の向こう側からはげ山の上に登ってみた。
重機が働き、その近く頂上から、先ほど眺めていた地点の方向を、つまり今度は東から西方面を眺めてみた。
真下にはトンネルの穴が2つ開いていた。
左が西の方面から掘られてきた穴で、右がこれから最初の掘り出し地点に戻っていく穴だ。
シールドマシーンは右の穴のどこら辺まで進んでいるのだろうか?
3近接大型重機IMG_5262   4向こうから見ればIMG_5254

5トンネル折り返しIMG_5256

森が一部消えたことは寂しいが、モノは考えようで新しい風景が見えることは少し嬉しい。
「90歳になると8割が認知症です。85歳以上では3人に1人です。認知症になりたくなければ長寿をあきらめることです」と先日聞いた医者の話を山の上で思い出していた。
「認知症は認知領域が赤ちゃんに近づいて行くことです。赤ちゃんは不幸ですか?優しい母親のような適切なケアがあれば認知症も幸せです」というようなことも言っていた。
なるほど、なるほど・・・。
ポジティブ思考で生きていくと、そうでない人よりも何倍かも認知症になりにくいとも聞く。
なるほど、なるほど・・・。

幸せと言っても、どちらかというとやはり認知症にはなりたくない。
消えた森より、これから開けてくるだろう景色の方を楽しみにしよう!
などと消えた木々の山の上で、少々強引に”ポジティブに”思ったりしていた。

さらに昨日8日には数本残っていた木々も消えていた。
8日寺田側出口   8日IMG_5335
「木々もなくなりましたね」と工事車両出口の監視員に声をかけた。
「そう。あれだけの林でしたが、おもしろいものです。林が無くなったら、風あたりが強くなりました。風よけになっていたんですね。あの山が削られるともっと強い風が通ってくるんでしょう」と彼。
なるほど・・・風の流れもかわってくるのか・・・・。
やがてシールドマシーンは風と共に帰って来る、というわけだ。

Comeback With The Wind ♫ 懐かしの名画から



今日もご訪問くださってありがとうございました。 
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて
今日もいい日でありますように!

 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント