FC2ブログ

決断・通学路清掃・どこ吹く風・・・Vol.1590


昨夜、夜の3時に目覚めた。
雨が屋根を叩く音が聞こえた。
「6時には起きて決断だな」と思い、また眠りについた。

6時に起きたが、雨は上がっていない。だいぶ小降りになり霧雨のようになっていたが、晴れではない。
ショートメールが入った。
「家を出て今電車に乗り学校に向かっていますが、八王子の天気は?」とあった。
今日は年に3回ある通学路清掃の日なのだ。
メールは学校側の責任者F副校長からだった。都心に住んでいる。

八王子市内には公立中学が37校あり、各中学校を中心にした37の地域に青少年対策委員会(青少対)が設置されており、私はガラではないが自分の地域の一応責任者。
清掃活動は青少対主催で7時50分から開始だ。
児童生徒や保護者、地域の者、先生たちが参加する。皆、都合があるから6時半までに実施か中止かを決めて連絡しなければならない。ジュースなども買い出しに行く必要もある。

実施時間の7時50分頃には雨もやみそうな予感もした。
副会長にも電話して「どう思う?」と聞いた。
「うーん、俺も天気図を見たりしているんだが微妙だな」と言う。
結局「副校長とアンタにまかせるよ」と言う。

悩んだ挙句、少々優柔不断な一時を経て、副校長Fに連絡し“中止”とした。
強硬したい気持ちもあったが、小学生も来るので、万が一雨に打たれて風邪でもひいてはいけない、それを決め手としたのだった。

決断してからも庭に出ては空を見上げていた。
テルテル坊主をぶら下げなかったからかもしれない・・・などとも思ったりしたが、結果は雨もやみ、「ああ、実施できたな!」と後悔がいまだに渦巻いている。
助けてやった蜘蛛どこ吹く風で晴れてきた青空に向かって気持ちよさそうに登って行った。

1雨上がり蜘蛛IMG_5136

今日もご訪問くださってありがとうございました。 
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて
今日もいい日でありますように!


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント