FC2ブログ

不幸中の幸い・倒木・・・Vol.1576


台風24号による御霊神社の倒木は2本。
正面入口あたり、神社の南東角の1本と西の入口(裏口)あたり、北西の角にあった杉1本だ。

杉の古木を倒した風はどうやら南東から吹いてきて神社を横切り北西に抜けたようだ。
2本とも北西に向かって倒れていた。
神社での風の通り道の最初の1本と最後の1本が倒れたことになる。

入口の南側には住宅があるので、風の向きが違っていたら住宅は大破していたことになるが、幸いに神社の杉木立の中に倒れた。
裏口の南側には駐車場があり車が数台停まっているので、風向きによってはやはり危ないところだった。こちらは遊歩道のフェンスを壊したがそれ以上の被害とはならなかった。
不幸中の幸いというところだろう。

3神社IMG_5013  4神社IMG_5014

遊歩道に倒れた杉は4分割されて遊歩道はすでに歩けるようになっている。

「楓の木が倒れなくて良かったネ!」と遊歩道を散歩する犬仲間たちとの会話も楓と倒木に関わる話が多い。
楓はアオバズクが子を産みにやってくる神社の古木の楓のことだ。

猛暑でもエアコンひとつ付けずに生き永らえた友人のKが教えてくれた。
「八王子の観測は市役所に設置されているアメダスによる」と。
Kは元気象庁の職員だ、間違いないだろう。

なんだかんだで日々が巡り普通の日常が戻りつつある。

今日もご訪問くださってありがとうございました。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント