旅の空から[異国の細道]119・チリ13・・・パタゴニア1・船旅・・・Vol.161・2014.11.26.

午後9時、出航。8時予定だったが、1時間遅れて船は出た。船の名前はEDEN。

IMG_7405.jpg
IMG_7407.jpg
IMG_7412.jpg
IMG_7413.jpg
IMG_7410.jpg

私の部屋。
IMG_7416.jpg
IMG_7417.jpg
部屋数は、50部屋ばかりだった。乗客は120人くらい。
4クラスに分かれており、一番上等のAAAは10部屋あった。窓があり、個室(2人ベッド)、トイレ、シャワー付きだ。
豪華客船ではなかった。フェリーが主体で、そこに客室を載せた、というようなところだ。
5階から6階が客室。5階に食堂とラウンジ。あとは、大型トラックやら乗用車やら・・・車を満載。

出航、パタゴニアの夜は、まだ、明るい。夕日の当たる雲が水平線に沿って伸びていた。
テングロ島やプエルトモンがだんだん遠ざかっていった。
IMG_7422.jpg
IMG_7427.jpg
IMG_7431.jpg

2日目の朝を迎えた。曇天、少し小雨がパラついている。
コルコバード湾に差し掛かっていた。
毎日、操舵室の公開・見学時間がある。
IMG_7467.jpg
IMG_7476.jpg
IMG_7472.jpg
IMG_7490.jpg
すごい数の島々、フィヨルドのなかを抜けていく。

IMG_7479.jpg
IMG_7492.jpg
この時は幅2kmの海域だったので、スピードは落ちていたが、11.6ノット、約時速25kmくらいだろうか。

部屋からも少し青空が見えた。
IMG_7515.jpg
IMG_7451.jpg
IMG_7452.jpg
IMG_7456.jpg
しかし、この日は一日中、曇り、時々小雨、だった。

沈船にも出会った。
IMG_7488.jpg
IMG_7487.jpg
ブラジルの砂糖船だったそうだ。
海域がものすごく狭いので、時々座礁する船があるという。

「今夜は、大海に出るので、海は荒れ、船はとても揺れるそうよ!」とカナダ婦人。「OK!、私はそういうのも嫌いではない」と私。
船は2日目の夜、一度太平洋上に出た。風と波は激しかった。

3日目、航路中唯一の村エデンに立ち寄った。
IMG_7516.jpg
IMG_7519.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは!いつもすばらしい旅の記録をありがとうございます。
今日は日韓台の会議が開かれ、終了しました。3年前を思い起こしました。

アンニョンハセヨ

おお、もうそんな時かね。Nさんも多忙だったね!
今日、街で韓国人に話しかけられました。「あんにょんハセヨ」と返したら、ベラベラと韓国語で話され、慌ててジャパニーズだ、と言ったら「えっ?」と驚いていました。韓国人に見られたようでした。少し国籍不明ぽくなったかと、うれしいような気分でした!