FC2ブログ

後仕舞い・・・Vol.1562


あいにく、というか、幸いに今日も雨、と思い直して、さあ読書の日としよう!
などと思いつつ、その前によそ様のブログにお邪魔した。
訪問すると「おお、ソダネー!」と思い当たることなどが多々あり、今、少し横道にずれて考えている。

人生の後始末、終活、つまり後仕舞いをどうつけるかという話だ。

東村さんは「何を何のために残すか」と言い、お千さんは写真を「自分たち用と子供たち用に分け」「8枚くらいをA4判1枚くらいにまとめて写しかえたりしてファイル」などもしている、などと書いていた。いいヒントをいただき感謝、だが・・・。さて・・・。

7年前に終活と言うことでは全然なく、単にモノを整理整頓しようと思い立ち、電車の車内吊りで目にした本を買ったことがある。あとで知ったのだがコンマリで有名な女性の本だった。

10コンマリandroid-20180921110148

この本には片付けの順序も書いてあり、その順序どおり読みながら始めてみた。
衣類、OK。次に、OK。順調に片づけが進んだ。
本の処理は相当時間がかかったが、業者を選び、ある日持って行ってもらった。
相当な量だったので高く売れるかと期待もしていたのだったが、6千円ばかりいただいただけでガックリしたことを覚えている。
ひとつの本棚に収まるだけの本は残した。未練がましかった。どうしても、またいつか読もうというものがあって、残したら本棚一杯弱分になっていた。押し入れや倉庫などには一切なくなったが、完璧ではなかった。コンマリ本も残した。
だから、今ではまた少し片づけが必要になって来てしまった。

衣類と本で中断し、書類、小物、思い出の品については、数と量は大したことはないが、手がついていない。
そして問題は写真だ。デジカメ登場前の思い出の写真というヤツだが、物持ちの良い私は、過去のモノをすべて保存している。アルバムに整理したものも若干あるが、ほとんどがミカン箱などに山ほど眠っている。古いネガなども沢山ある。整理してはいない。
時々「よしっ」とばかりに段ボールを開けてみるが、手に取ると思い出などが蘇り、ついつい時間だけが過ぎておしまい、を繰り返していた。

ソロソロ、今度は単なる“片付け“ではなく、終活として本気を出さなくてはならない、などとチラホラ思い出していた今日この頃でもあった。

今現在の結論。
1. まずデジカメに収録し、SDメモリーカードに保存する。
2. カードは数個買い以下のように分けてカードを別にする。
① 自分用・妻用・・・仕事仲間・旅・呑み会などは全部、自分用に入れる。 (私が逝ったあとは見る人はいないだろうから)(でも未練があるので一応カードには残す) 
② 子供たち用 ③ 親戚用  ④他・・・これが曲者になりそうで不安だが。
3.プリントアウトし残すかどうかは別途考える。その際には、A4判などに数枚を入れることも考慮する。
*幸い、記念写真ばかりで芸術的なものはないので、デジカメに撮ったあとは全部処分する。
★知人友人モノでいいものがあればカードから後日メールなどで送る。

と、こんなところだが、どうだろうか?
もっといいアイデアがあれば、ぜひ! お教えいただきたい。

さて、コーヒーと一服して読書に入るか。
今日はプーキーは朝9時に妻がトリミングに連れて行き今は不在。午後4時ころに私が迎えに行く予定。妻も外出。それまでは静かなひと時だ。

今日もご訪問くださってありがとうございました。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント