FC2ブログ

どんかん・・・Vol.1527


気が利く人、繊細な人、豪快な人、粗野だが優しい人、知的な人、気づきの人、愛嬌のある人、など、人にはそんなことなどを求める、というか、そんな人がいいな、などと思うが、いい気なもので我が身を振り返ると恥ずかしい限りだ。

従兄のHの個展のことは先日少し触れたが、その個展での事だ。
絵ではない彫り物が置いてあった。
だ。

すずめIMG_20180815_134335

Hが彫ったのではない。
某素封家Xの蔵でHが“拾った”のだそうだ。
Xの蔵にはいろいろなものがあって、「どれでも持って行け」ということで、ただし高い値を付けられて好きな人は買って行くのだそうだ。
Hは金があるわけではないので見るだけが多い。
ある日、蔵の中をうろついていたら床に落ちていた新聞紙の下に何かが転がっていたそうだ。
気になって新聞紙をめくってみたら雀がいたというわけ。
捨ててあるような感じだったが、黙って持っていくわけにもいかないので、Xに一応聞いてみたのだそうだ。
「5000円」とX。
結局3000円でいただいたのだそうだ。

Hは台座を作り、4粒の米を台座に置き、以来、自分の個展には必ず雀を連れて行っているのだと言った。
私は、昨年は個展には顔を出せなかったが一昨年は行っている。
恥ずかしながら、この雀には気が付かなかった。

意味なくして飾られたり、置かれたりしているものはない。
いい歳になっても、感性を磨く生き方をしてこないと、“鈍感なまま、終わるな”、などと今、飲みながら反省している。

まだ、間に合うだろうか?


一句ではなく、一言。
拾われて 不死へと変化 銅すずめ


今日もご訪問くださってありがとうございました。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて

1曲は、ケイ・ウンスク ♬ すずめの涙 ♬ で。
孔雀よりすずめ、たかが人生、好きでいるうちに、あばよ・・。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント