FC2ブログ

トムソーヤと御嶽海・・・Vol.1516

8滝IMG_1994

さて木曽路に、もどろうかい。(西郷どんを見た後は影響され言ってみたくなる。)

木曽は上松、トムソーヤクラブ村。
赤沢森林鉄道に乗ってみた。
木曽五木、ヒノキ、あすなろ、サワラ、ねずこ、コウヤマキなどに囲まれた森の中をゆっくり走る。
線路はやはり人をひきつけるようで、若い女性も列車が過ぎ去ったあと身を乗り出して撮っていた。

6トロッコ電車IMG_1981   7線路IMG_1990

9ヒノキの子IMG_1999

9あすなろIMG_1989   9ヒノキIMG_1988

ご存じの木曽檜だが、平安時代から世に知れ大量に切り出され、江戸時代には木々が少なくなり山は荒れたという。尾張徳川領となり尾張藩は、伐採まかりならぬ「木1本、首ひとつ」のお触れを出して山を守ったという。いま、伊勢神宮式年遷宮にはご神木を献上している。

10ご神木IMG_2000

仲間が「家では檜のまな板を使っている。香りも良く、とてもいいんだ」と誇らしく言う。
「ただし、ニトリで買ったものだが・・・」と続けた。
その続けた一言で「よしっ」と買う気になった。
「俺のは、本場で買ったヒノキのまな板だ!」というわけだった。

10御嶽海IMG_2009

檜のまな板を買ったお店には「祝優勝、御嶽海関」がかかっていた。
信州出身ではあの雷電為右衛門(佐久の東部町出身)以来の強者がココ木曽は上松町から出てきたのだった。

森林鉄道のチケットも木曽檜(10cm×20cm)で、切符を切った切れ込みもあり、もちろんいい香りも漂わせていた。

10とムソーやクラブIMG_4762


♪ 木曽節 ♪ が森に響く。



今日もご訪問くださってありがとうございました。
From Kiso With Love 木曽路より愛をこめて
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント