旅の空から[異国の細道]113・チリ5・・・イースター島 3 ・トンガリキ・・・Vo155・2014.11.18

㈱タダノ(四国)に心から、敬服!
IMG_7166.jpg
・・・・・・・・    ・・・・・・・・・

アフ・トンガリキ
ここには15体のモアイが、やはり内陸を向いて立っている。

IMG_7158.jpg
IMG_7177.jpg
IMG_7180.jpg
IMG_7182.jpg
少しセルベッサ(ビール)腹のモアイもいる。
むこうに見える山はラノ・ララクといい、モアイの切り出し山、つまり製造工場といったところだ。
IMG_7183.jpg
IMG_7185.jpg
IMG_7193.jpg
このモアイたちの背中側、海側にもマケマケ神がいらっしゃった。
IMG_7187.jpg

この15体のモアイは、地震で倒れ散らばってしっまたという。それを、日本のクレーン会社㈱タダノが支援しこの形に戻ったという。クレーンの寄贈だけでなく1億円を超える支援だったとガイドは言っていた。良質な会社で嬉しい限りだった。

少し離れてもう1体モアイがいた。
IMG_7153.jpg
IMG_7154.jpg
IMG_7157.jpg
この方は、日本へ旅したことがあるのだそうだ。
1982年に東京、大阪などへ出かけたイースター島唯一のモアイだ。
日本でこのモアイに出会った方がいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、モアイたちを見ていると、つい「整列! 気をつけ!」と言ってみたくなる。
”ハイ、気ヲツケ!”
IMG_7196.jpg

ラノ・ララク
モアイの製造工場、切り出し山だ。
ここにはモアイが、まだ製造途中であったり、つくられたが、目的地に行く前にここでストップしてしまったり、で、約400体ある。
IMG_7171.jpg
DSC_2001.jpg

DSC_2002.jpg
IMG_7103.jpg
IMG_7106.jpg
IMG_7109.jpg
IMG_7116.jpg
IMG_7131.jpg
IMG_7142.jpg

正座したモアイ。
IMG_7133.jpg

こんな岩を削り、まず形を整え、切り出す。IMG_7123.jpg

モアイの立たせ方は・・・
IMG_7097.jpg
少し起こしては、隙間に石を入れていく、そして立つ。

アカハンガ
IMG_7077.jpg

モアイ戦争(フリ・モアイ)があり、モアイ倒しがあった場所だ。
IMG_7091.jpg
モアイの眼にはパワーが宿っているので、このように顔を下にして倒されていた。

ここにはボートハウスと呼ばれる住居跡が残っている。
舟置き場兼住宅で、4~5人が暮らしていた、らしい。
IMG_7081.jpg

テ・ピト・クラ

IMG_7197.jpg
パワー・ストーン!
初代の王ホツマツアがヒバの国から持ってきたという。(ロマンのない方は、海水に揉まれて丸くなったタダの石だ、というそうだ)。しかし磁気を帯びていて、ガイドがのせた磁石は東西南北のどこも指すことができなかった。

IMG_7199.jpg
IMG_7198.jpg

<アナケナ・ビーチ
IMG_7202.jpg
ref="http://89338823yo.blog.fc2.com/img/IMG_7210.jpg/" target="_blank">IMG_7210.jpg
初代王ホツマツアといわれる。
島の北東にある島唯一の砂浜、ここアナケナにヒバからやってきたという。最初の上陸地だ。

プカオを乗せた7体のモアイもある。
IMG_7211.jpg

IMG_7212.jpg

そして、最終日、午前は海岸を散歩し・・・
IMG_6873.jpg
次の旅人がやってきた。折り返しの、この飛行機でサンチアゴに戻る。
DSC_1957.jpg
DSC_2008.jpg

モアイ達は、7人の酋長たちは、見送ってくれたに違いない。
IMG_7022.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おはようございます!
力をいただけるモアイです。南三陸の町にもイースター島のモアイがいますね。あたたかくまちを見つめ、祈っているように感じます。

深イイ話!・・南三陸町のモアイ

 1960年のチリ地震復興30年を記念して、ふるさと創生事業の一環として設置したモアイ像が、東日本大震災により流出してしまった・・それに対し、イースター島の長老会の協力を得てチリから寄贈されたもの。
 島の石材を使用したモアイ像は門外不出・・初めて島外へ・・そこにはチリとイースター島の人々による東日本の復興祈願と(株)タダノへの感謝の気持ちがあったから・・

 なお、(株)タダノは、高松塚古墳の石室解体作業への技術協力、カンボジアのアンコール遺跡の修復協力も行ってます・・
 ロマン溢れるクレーン・リフトによる環境づくり企業です ( ̄ー ̄)b

なるほど

やはり、タダノは、タダもノ、ではなかったのですね!