FC2ブログ

我が家へ・・・Vol.1485


2018.7.15 24:00~、ロシアW杯 Final。
初優勝国・クロアチア、という声が聞こえるかとも期待したが、結果は4:2でフランスが2回目の優勝、W杯を手にした。
MVPはモドリッチ(クロアチア)、気の優しそうな憂いを含んだようなはにかんだような小柄な172cmが大きく輝いた。良かったね!流石に敗れたピッチでは喜びあえなかったが、国の歴史を塗り替えて今頃は母国で勇敢に戦った“英雄たちの凱旋”として、喜びを爆発させていることだろう。
ヤングプレーヤー賞が超韋駄天のエムバぺ(フランス)、これも順当だろう、今回4得点。
最優秀GKがクルトワ(ベルギー)、祝。素晴らしいGKが多かった中での栄誉だ。
得点王が“ハリケーン”(イングランド)、流石に3位決定戦では疲れの為か切れがなかった。
演技賞があるならば、それはネイマールが不名誉な栄冠に輝いたかもしれない。名が売れた者の宿命でプレイぶりや行動は称賛や批判にさらされる、可哀想だがフアンが結構離れたかもしれない。

など、いろいろな足跡を残して、すでに選手たちは皆それぞれの母国やチームに帰って行ったのだろう。

日本選手の移籍騒ぎが活発になるかと思っていたらすでに1人が決まった。W杯期間中にすでにオファーがあり、本人も海外進出を視野にいれていたので即決したとも聞く。
今回W杯ではついに出番が回ってこなかった悔しい思いのDF、鹿島の植田直通だ。
もともとああいう顔だろうと思うが、強い意志が顔や体に出ているような植田が好きで、心から更なる飛躍と成功を祈念している。とりあえずベルギーが新天地だ。

目薬とW杯が中心の1か月半が過ぎてしまった。寂しく気も抜けた。
少し心の張りもなくなり、散歩からの家路も、足取り軽くとはいかず、少し重い。
目的地に少しでも希望が多い方が元気が出る。
ので。
「これが我が家だ」

我が家?_4625

と無理に希望を夢想化し、疑似の我が家などを思って家に向かう。
(我が家に入っての玄関脇に飾ってある、義姉が作ったデコパージュの家だ)
花々に囲まれ陽が暖かく差し込みご機嫌だが、もう少し年取ったら難義だが今は階段があるのもいいなあ、などと思ったりして・・・。

やまゆりIMG_4618

白百合は本物の我が家の百合だ。カサブランカが過ぎ、替わって咲き出している。


今日もご訪問くださってありがとうございました。
From Russia  With Love ロシアより愛をこめて
また、明日がやって来る。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント