FC2ブログ

散華、男たちの涙・・・Vol.1474


勇敢に戦った戦士たちに感謝を捧げる。
夢、感動をありがとう!

ポーランド戦では無謀な玉砕に走らず、猛烈なブーイングと心無い批判にもジッと耐えた。
ベルギー戦ではサムライ魂を魅せ、やるときはやると男の生きざまを世界に魅せつけた。
世界のメディアも先日とは打って変わって「今までで最高のナイスゲームだ!」「マジカルゲーム」「エキゾチック・ジャパン!」などと絶賛しているという。(そんなもんだろう。)
でも、確かに両チームともナイス・ファイト、気持ちを魅せてくれた素晴らしい試合だった。

前半を0:0で終え、後半戦に投入。
3分、7分、立て続けに原口がゴールを決める!2:0。

1原口IMG_4577 2IMG_4578 3IMG_4579

4IMG_4580 5IMG_4581 6IMG_4582
自陣で乾から柴崎へ。柴崎へボールが渡りそうと見るや、原口は柴崎からボールが出てくることを信じて猛ダッシュする。そしてワンフェイントを入れてシュート!

7乾IMG_4584 8IMG_4585 9IMG_4586
10IMG_4588 11
4分後には香川が軽く乾に渡したボールを乾が落ち着いて無回転シュート!

歓喜が訪れる。これで勝負はあったと思ったが・・・・。
24分、29分とゴールを奪われ同点に追いつかれる。
さあ、これからだ、が、徐々にアザールなどにボールを持たれる時間が増えてくる。
それでも40分、相手の猛攻をGK川島が2本ナイスセーブ!
アディショナルタイム4分に投入。
47分、本田FKを蹴る。距離はあったが、本田らしく狙うが、惜しくも相手GKにはじかれる。
12川島IMG_4590 13IMG_4589 14本田IMG_4591

GKにはじかれたあとCkを得るがGkがキャッチ、一気にカウンターが仕掛けられた。
あと20秒くらい残っていただろうか、万事休す。敗戦の笛が鳴った。
15逆襲IMG_4592 16IMG_4593

号泣するもの、男泣きするもの、肩を抱き慰めるもの、選手もサポーターも泣いていた。
17昌子IMG_4594 18乾IMG_4595 19川島IMG_4597

やり切った、すべてを出した、が、「これがサッカー。受け止めにくい結果だが・・・。次にいきたかった」と香川。
「言葉も出ない状況かとも思いますが・・・」と申し訳なさそうに、しかし仕事、インタビュウアーがマイクを向ける。「今は(考えられないが)、時間が必要・・・」といいながらも、それでも悔しさを押し殺して「2点先行したあと、・・、まだまだ甘さが・・・」とキャプテン長谷部は応じる。
原口も泣きじゃくりながら「このメンバーでもっとやりたかった。この壁を越えてガンバル」と丁寧に必死に言葉を探した。
本田は本田らしく「若い連中に話してある。次も若い彼らが優勝目指してやってくれる!」と次に目を向けた。
NEXTだ!

西野監督、選手、スタッフ、お疲れさま!
気持ちの入った素晴らしいチームだった。

20西野IMG_4596  21IMG_4599


今日もご訪問くださってありがとうございました。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて


いつの日か、きっと ! さあ、♬ 涙をふいて ♬ 立ちあがれ!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント