FC2ブログ

盛者必衰・・・Vol.1472


盛者必衰とはよく言ったもので残酷で、我が世の春を誇ったドイツはグループリーグ最下位で散り、一発勝負の決勝トーナメントではすでに4か国が登場しアルゼンチンとポルトガルがロシアを去ってしまった。
現在世界最強のスーパースター、メッシロナウドも16強止まりで寂しく肩を落とした。

1メッシIMG_4571   2ロナウドIMG_4576

ウルグアイ、2トップのスター2人、スアレスカバーニは期待どおりのパフォーマンスを魅せている。ふくらはぎを痛めたカバーニが心配だが、次戦のフランス戦は目が離せない。噛みつきスアレスの印象が強いが純情一筋、妻と家族をこよなく愛す気の優しい男らしくて好きな選手だ。勝ち進んで欲しいとも願っている。

3スアレスIMG_4573   4カバーにIMG_4574


早くも8強入りを決めたウルグアイとフランスだが、次に戦う両者の試合はどんな展開になるだろうか、ワクワクどきどきだ。
彗星の如く世界デビューを果たしたフランスのエムバぺ、19歳、10番を背負う、ここまで3ゴール。長い距離も速く、瞬間の飛び出しも驚異としか言いようがない。テクニックも凄い。話しぶりも動作も落ち着き払い、あれが19歳かと驚く。
もしフランスが勝ち進めば、“ロシアW杯はエムバぺの大会だった”といわれるかもしれない。
いずれにしろ、メッシやロナウドに替り、これからのスーパースターの誕生、といえそうだ。

5エムバぺIMG_4568

ウルグアイに勝ってほしいが、エムバぺも気になる。

明日2日深夜3時、いよいよ日本がサムライ魂を見せつけるときがやって来る。
ルカクやアザールに仕事をさせず、ベルギーを撃破し、8強へ名乗りを上げるシーンが見えてきた。ひょっとするとメキシコがブラジルを破って日本対メキシコとの準々決勝も夢ではないかもしれない。ブラジルが出てきた場合は、また西野監督がブラジルを破り“アトランタの奇跡”から“カザンの奇跡”と語り継がれることになるかもしれない。

夢は果てない。

「結果を出すために、西野監督はあの戦い方に賭けた。もちろん運もあった。でも、運はただ待っているひとには来ない。つかみにいこうとしている人にくるものだ。あの戦い方を選択した度胸はすごい」と岡田元日本代表監督はポーランド戦について某紙に書いていた。

夢よ続け!

今日もご訪問くださってありがとうございました。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて
今日も熱い!


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント