FC2ブログ

エイトマン・・・Vol.1458


“鋼鉄の胸”のように意志も固い。

手術日が決まり、事前事後のスケジュールが示される。
ドクターXのクリニックは毎週木曜日が手術日となっている。
1週間前に手術説明があり、日曜日から目薬を差すことと軟膏を塗ることが始まった。
手術当日は朝から30分おきに5~6回、瞳孔を広げる目薬を差してから病院へ行く。
日帰り手術のみをおこなっているので、時間を節約するために自宅で出来る準備は自分でしていくのだ。当然目の焦点が定まらなくなるので妻に車で送ってもらった。
ひとり暮らしの方は、タクシーなどを利用するのだろう。あるいはもう片方が近視でなければバスでも歩いてでも十分可能だ。
片方を手術し、1週間後に残る片方の手術を行う。

スケジュール表、正しくは「白内障手術後安静度表」という。
当日は安静にして何もしない。
翌日、つまり金曜日には、短時間の「読書とテレビ」がOK、喫煙も可。
2日目、土曜日、軽い家事と事務がOK。
3日目、日曜日、散歩と入浴がOK。ただし洗顔と洗髪は不可。自転車はOK。
6日目、水曜日、洗顔と洗髪がやっとOK。
7日目、木曜日、飲酒と力仕事以外の通勤がOK。
2週間後、散髪や化粧、近距離の旅行、マッサージ、歯科などが解禁。
1か月後、抜歯、遠距離旅行、スポーツなどがOK。
2か月後、プール解禁。

とまあ、こんな具合で毎日この表を眺めている。
両目をやるから、残った方の手術が終わってからのカウントになる。

ホントは飲酒は昨日からOKだったが、抗菌注射を目にしたり、抗菌点滴を打ったりしていたので、昨日は大事を取って昨夜も禁酒した。
今日ドクターに小さめの声で伺った。
「先生、お酒は今日あたりから大丈夫でしょうか?」と。
ドクターXは若干ほほ笑んだように見えたが「少しならいいでしょう!」と優しく言った。
1日遅れたがW杯開幕飲酒がOKとなった瞬間だった。

今晩は約2週間ぶりのお酒だ。

“強固な意志?”で2週間飲まずに過ごせた。
アル中でないことは、まず間違いではないようだ。
ただしまずいことが一つある。
喫煙ダ。

手術翌日からOKとなっているので問題はないのだが、手術前につい余計なことを妻に言ってしまった。
「タバコもこの際、酒が飲めるまで止めておくかなあ・・・」と。
うっかりというか、半分は本気だったが、つい言ってしまった。
術後、暇を持て余し、つい一服でもするかとなって数本は吸うようになってしまったのだった。
当然に妻からは「あなたは意志が弱いのだから!」とチクリチクリと言われる羽目になっている。
呟かなければ良かった、口は災いの元と反省しているが、アルコールは中毒ではないようだが、ひょっとしたらニコチン中毒かもしれないなどと、少し不安ではある。

セブンイレブンに行って半月ぶりに酒のお伴のピーナッツを買って来た。
さて今宵のビールはどんな味がするのだろうか?

昔宴会の席で、胸を叩きながら「バルタン星人である」と言葉を震わせていた友人がいたが、彼が奇遇だとメールをくれた。ほぼ同時期に彼も白内障の手術をしたとのことだった。

関係なく花々は咲き、時が過ぎてゆく。ノーゼンカズラを見ると夏が来たなと実感する。
8紫陽花IMG_4435   9ツルバラIMG_4446

10ヒメヒオウギ水仙IMG_4443   11ノウゼンカズラIMG_4438

[白内障手術備忘録5]


今宵の歌は、もちろん ♪ ロシアより愛をこめて ♬




今日もご訪問くださってありがとうございました。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて
明日もいい日でありますように!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

こんばんは

失っていた色が戻ってきてよかったですね。
私もいつかお世話になるだろうとは思うのですが、視力が悪い人は復活するとか。その時は老眼との戦いですね!手術成功で何よりです。^^

No title

MTさん、ありがとうございます。
多くの方にはたかが白内障と笑われるかもしれませんが、私的には一大決心でした。