FC2ブログ

祠と躑躅と酔っ払い・・・Vol.1425


裏山の林を抜けて畑に出る。
畑のあぜ道を通り小道に出る。市の旧道横山60号線だ。
小道の脇にがある。
丁度ツツジが満開だ。

つつじ1IMG_20180421_173029

ツツジ1IMG_20180421_173040

昨夜は八王子の街中に出て一杯飲った。
Kさんが昨年の今頃本を出版したが、近在の者でそのKさんを囲んだのだった。
本の装丁を手掛けたI氏は都心に住んでおり、遠くなので声はかけなかった。
そのI氏のブログを今日見たら、「昨夜ロレツの回らない酔っ払いから電話があった」とある。
てっきり、それはカメラマンのKだな、とニンマリした。
で、続きを読んだ。
「芸者遊びでもしているのかな?」とあった。
「うん?」と思い慌てて自分のスマホをチェックした。
昨夜8時27分、私からI氏に電話していた。
ろれつの回らない酔っ払いは、私とKさんだった、にちがいない。
Kさんが「I氏にはほんとにお世話になった」などと言い、「だったら電話してみましょう!」
となったに違いない。理財局の佐川ではないが、コチラは完全に記憶にない。
昨年夏のKさんの出版パーティーには八王子芸者衆も来ていたのだった。

ただ昨夜は芸者衆は居らず、大衆居酒屋「北の台所・おんじき」だったが。
1か月ほど前だったか、新橋の「おんじき」で飲んだが、八王子にも「おんじき」はあった。
いい店だ。
I氏はご夫婦でおくつろぎのことだったらしいが、大変申し訳ないことだった。
お許しいただきたい。

酒は止まり木などの“ひとり酒”がよさそうだ。仲間と飲むとつい楽しくなって度を超す。
妻の「ほどほどにしてくださいネ」に「もちろんだ。もう歳だからわかってるよ」などと言って家を出たが、出れば、量も増え、友人に電話をかけたくなる、挙句が呂律も回らず、千鳥足、だらしないことこの上ない。
♬ 酒よ ♬ どうしたらいい?



今日もご訪問くださってありがとうございました。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント