FC2ブログ

ああ、四ツ谷駅・・・Vol.1414


どうやら私の中にももうひとりの自分がいて時々顔や口を出してくる。
普段は温厚な方だなどと思っているが、もう一人は時々「俺にも言わせろ!」などと言って来る。

困ったことに、サッカー日本代表監督問題や加計問題など、ゾロゾロと“問答無用!”とばかりに切って捨てたくなる件が後を絶たない。
たぶん余生もそう長くはないのだろうから、春の宵を、止まり木あたりでじっくり味わわせてほしいものだ。

そんなもう一人の自分がまた顔を出して来たので、あやうく忘れるところだった。
先日、ウナギを食べたあとのことを、記憶が薄れないうちに“備忘録”としてこの徒然旅日記に残しておくことを忘れるところだった。
私の場合、「保存文書があるだろう、提出しろ」などと誰かが言って「記憶しているかぎり、そういうことはありません」などという類のものではないが、後日見もしないだろうとは思うがせっせと日常をメモっておこうとブログを日記代わりにやっている。

麹町の鰻屋を出て、「もう1軒行こう」となった。
誘惑には簡単に負ける自分だが、この日は勇気を出して夜陰と人込みに紛れてソッと仲間たちから離れた。

ブラブラと四ツ谷駅まで歩き橋の上まで来た。
橋下を見るとプラットホームが見える。

21四谷ホームIMG_20180406_210256

22ホームIMG_20180406_210054

仕事を終え、家に帰る人たちだろう。
以前は毎日、あんな感じだったなあ、などと懐かしさが蘇えりしばらく見入っていた。
電車が滑り込んできてはまた出て行く。人の群れが消えたと思うとまた違う人たちでホームが混んでくる。
嫌いではない風景だ。

23四谷見附端IMG_20180406_210132

24灯りIMG_20180406_210221


青春初期の頃の駅といえば上野駅だ。井沢八郎が歌っていたものだ。
♬ ああ、上野駅 ♬




今日もご訪問くださってありがとうございました。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント