FC2ブログ

加齢と酔っ払い・・・Vol.1406


華麗にとはいかないが、まだ飲めるうちが花とばかりに性懲りもなくまた出かけた。

1バルバラIMG_20180403_220034

「ここで転んだんだ」と2軒目の店を出て、すぐ目の前にある木製の丈の低い箱型ベンチを指さした。
エッ、私もここで先日躓いたんです」と飲み仲間が言う。
彼は私よりも8歳ばかり若いから、彼でも転びそうになったのかと驚いた。
私の場合、目モ悪くなり、てっきり加齢による衰えからくる不注意のせいとばかりに自分をせめていたが、こうなると違ってくる。
「やはり、このベンチの色が悪い」「床と同じ木材で、同じ色だからイケない」などと少し憂さを晴らした。

とはいえ、このところ、飲むとだらしなくなる時も増えてきたように感じていたので、今日は1軒目でサッと帰ろうと思って出かけたのだが、「やはり、隣の店にも顔を出さないとマズイ」と言われ、梯子はマズイと思いつつ従った。

気を付けていたのか、呑み会は無事終了。
皆と別れ、ひとり新宿に出て、止まり木は時間がすぎていたので、西口の喫煙所で一服。
変わらぬ夜景を眺めてから駅へと向かった。

2新宿IMG_20180403_223428

3新宿IMG_20180403_223531

無事家に ♬ 帰って来た酔っ払い ♬


今日もご訪問くださってありがとうございました。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント