旅の空から[異国の細道]97・ペルー34・プーノ2・ティティカカ湖1・Vol.139。2014.10.27.

ティティカカ湖。トール・ヘイエルダールの「葦船ラー号」に憧れた少年時代があった。
そのトトラの湖にやってきた。

IMG_5814.jpg
IMG_5638.jpg

早朝コーヒーカップを持って屋上に上がった。下を見ると宿の前の線路脇に市が立っていた。
DSC_1737.jpg

さあー、いよいよ出航だ。港から1泊2日のティティカカ湖ツアーに出る。
DSC_1738.jpg
IMG_5619.jpg

プーノ港をあとに
トトラの中を行く
IMG_5625.jpg
IMG_5627.jpg
IMG_5629.jpg
DSC_1739.jpg
IMG_5810.jpg

ヤコブたちと。彼は、長谷部が以前所属していたアウグスブルグの出身だ。
IMG_5632.jpg
IMG_5633.jpg
IMG_5644.jpg
ツアーのメンバーは、全部で9名。私以外は皆学生、10代が2名、20代が6名だった。そのうち5名はアレキパで英語のボランティアをしていて、休みを取ってここに来た、と言っていた。

トトラの島”ワリキ”

IMG_5691.jpg
IMG_5665.jpg
IMG_5667.jpg
家のなか
IMG_5674.jpg
島も家もすべてトトラでできている。もちろんトトラも食べる。これが意外といける。
サトウキビのようだが、甘くはない。サッパリしている。
トトラの他には、魚を食べ、鳥を食べる。
IMG_5681.jpg
カラチ、20cmくらい。
鳥はこれで撃つ!
IMG_5669.jpg
IMG_5670.jpg

島のつくり方の説明を首長(本人はプレジデントと言っていた)から受ける。
IMG_5682.jpg
下の黒いのがトトラのねっこ、これをいくつかのブロックにして結ぶ。この上にトトラを重ねていく。地面ができたらその上に家を建てる。

IMG_5678.jpg
IMG_5683.jpg
船頭がしきりに゛フジモリ,フジモリ、グラシャス”という。
なにかな?と思ったら、ソーラーパネルのことだった。パネルを元のフジモリ大統領がこのトトラの島々にプレゼントしてくれたのだという。ということで電気がつく。
IMG_5689.jpg
10mくらいの竿で舟を漕ぐ。
IMG_5697.jpg


ワリキには、5家族が暮らしている。
この”ワリキ村”ようなトトラの島が80数箇所あるという。
IMG_5648.jpg
IMG_5655.jpg
IMG_5661.jpg

アマンタニ島

IMG_5702.jpg
トトラの島から、いよいよ大海(?)へ舟は進む。めざすは Isla Amantani だ。
IMG_5703.jpg
見えてきた。
IMG_5706.jpg
右の山が”パチャタタ”、左が”パチャママ”。これらの山を背後(西)に控えた集落が今晩泊まる村だ。

アマンタニにはホテルはない。ツアー会社が契約している民家に泊まる。
私が泊まる家。
IMG_5715.jpg
なつかしい匂いのする農家だ。
2階ベランダからの風景。向こうに見えるのが明日行くタキーレ島。
IMG_5710.jpg
IMG_5713.jpg
民家の玄関
IMG_5711.jpg
IMG_5712.jpg
民家の夕食
DSC_1740.jpg


裏山は聖なる山、パチャタタ。4200m.
IMG_5721.jpg
IMG_5722.jpg
聖なる山は父と母の両山からなる。その間の分岐点。

IMG_5724.jpg

聖なる場所。1年に1回だけ中に入ることができる。
IMG_5730.jpg
日が落ちていく
IMG_5749.jpg
IMG_5737.jpg

村の子
IMG_5753.jpg

そしてティティカカ湖に朝日が輝いた。
IMG_5762.jpg
IMG_5763.jpg

別れの時、お世話になった民家の女将さんと。
DSC_1742.jpg

サヨナラ!アマンタニ
IMG_5768.jpg

タキーレ島

IMG_5778.jpg
タキーレに到着。向こうに見えるのがアマンタニ。
近くに見えるが15kmある。舟でちょうど一直線に1時間かかった。

IMG_5774.jpg
集落は山の頂上にある。
途中このような門をいくつかくぐる。
IMG_5777.jpg

村の中心部
IMG_5793.jpg
IMG_5788.jpg
ツアーで一緒の台湾人ワンイと。彼女は米国在住だが、英語のボランティアでアレキパに来ている。今はしばしの休暇だ。
IMG_5796.jpg
IMG_5802.jpg
IMG_5795.jpg
ここで飲むコーヒーも格別だ。ただしネスカフェだったが・・・。
IMG_5792.jpg
Tokioまで16335km。
IMG_5794.jpg
日本の援助で出来たトイレ。きれいだった。

そして名残惜しいが、帰る時間だ。
島の北から上陸したが、今度は南の波止場からだ。
IMG_5804.jpg
IMG_5785.jpg

プーノ港には、約3時間で着いた。
ペルー最後の夜がやってきた。ペルーで見る最後の月は三日月だった。
IMG_5836.jpg
ペルーにはちょうど1ヶ月半滞在した。
海あり山あり湖あり遺跡あり、そして人あり。まだまだあちこち巡りたい・・・本音はそんなところだ。

夜が明けた。10月27日の朝だ。
ティティカカ湖の、はるか向こうにある伝説の島”太陽の島”方面から空が明るくなりだした。東雲(しののめ)だ。
IMG_5839.jpg
IMG_5846.jpg
陽が登った。
さあー、今日はコパカバーナ行きだ。ブラジルのコパカバーナではない、ボリビアのCopacabanaだ!

追記
 宿での止まり木は屋上だったが、ここもくつろぎの場所だった。
DSC_1762.jpg

宿の隣には、こんな看板が出ていた。
IMG_5843.jpg
写植、オフセット、電植・・・なつかしい響きだ。
ふと「寅さん」の印刷工場が頭に浮かんだ。

ツアーで一緒の台湾のワンイと。彼女はアメリカ在住の学生。




日本から寄贈されたトイレ。


島の反対側、南の港から帰る。ここから約3時間でプーノだ。

ペルー最後の夜となった。10月26日。
ペルーには46日ばかり滞在したことになる。山あり海あり湖あり遺跡あり、そして人あり!
月は三日月だ。


そして27日朝が来た。



追記を

宿の庭と隣の看板。
オフセット印刷とはなつかしい!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

線路上に出てきたシカに感動しました!

 トトラで太平洋に乗り出す・・!! 確かにロマンを感じます(感じました)・・しかし、数少ない「A」評価だった科目の民俗学ではポリネシアの「クラ」という風習について学んだのですが、その教授は「ヘイエルダーの冒険には学問的な価値はない」と言い切っていました・・これはショックでした!!

 スタンドバイミーのテーマですネ?・・大人になっていくことは何かを失っていくこと・・v-239

チチカカ湖だ!

わぁ、すごい!本物ですね。浮雲さんはどこまでフワフワと飛んでいくのでしょうか。うらやましいです。ところで、ちょっと痩せられましたか?お体に気を付けてお過ごしくださいね。

ティティカカ湖

昨夜書き上げたのですが、最後のところでWiFiを切られてしまい、消えてしまいましたので、続きを書きます。安宿はこれがあるから、ちょっといけません。

宿のせいでは?

切られたのは宿のせいでうが、WiFiが弱いのは宿のせいでもないようです。
WiFiが使えるコーヒー店でもうまくつかえません。電波が弱いのか、発信機がよわいのか・・・?