FC2ブログ

ウナギのこと・・・Vol.1356


宮崎県の漁師が「今年はさっぱり鰻の稚魚が獲れない!」「これじゃ、食っていけない」などと言うニュースが先般流れていた。
稚魚の漁獲高は断トツで宮崎の海だという。
TVでは「今年の土用丑の日には私たちは鰻を食べれないかもしれない。食べれたとしても大変高価なウナギになりそうです」などと言っていた。
稚魚を養殖するに時間がかかるため、今頃稚魚が捕れないと夏に間に合わないのだという。


黒潮の蛇行の影響かもしれない、イヤただ少し遅れているだけかもしれない、などといい、原因究明とはいかず、見通しも立ちはしなかった。

友人のKが「ウナギの会」を主催していて、私が隠居のような身になったころから「お前も暇ができただろう、来いよ」というような調子で声が掛かり、以来ノコノコと出かけている。
ウナギのニュースを聞いたとき、すぐKに「高くなりそうだ!今年は夏前に会を開いた方がいいのじゃないか?」と電話を入れようと思ったが、連絡しないままに今日まで来てしまった。

それが今日、同じウナギの会の重鎮IMのブログを見たら、老舗の鰻屋のことに触れていた。
私と違ってIMは格調高いから、値段などには触れず、飄々たるものだった。
やはり下世話なことは私が書くしかない、と思い立って、今、書いている。

家の少し近所にも、明治5年創業ではなく、創業してから約45年くらいだが、頑張っている店が一軒ある。泰朋という。
不肖続きの相撲界だが、明るいニュースと言えば、元横綱・大鵬のお孫さんの登場、これは楽しみだ。
店の名は“たいほう”と読む。

ウナギIMG_20171220_182240


下の「拍手」をポチッと押していただければ励みになります。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント