FC2ブログ

木の影・・・Vol.1349


愛犬プーキーは出歩くことが大好きだ。
山道歩きより、どちらかといえば人のいる住宅街の中の散策を好む。
が、今の季節の夕方の山道歩きは明るく気持ちがいいので時々やや強引にでも誘っている。

昨日夕方近く、トヨタ自動車大学校の脇から坂道を登って尾根道に出て山歩きをしようとしたら、トヨタの前で前に進もうとしない。いやなのだなと思って考えを変えた。尾根道に出て、そのまま向こう側へ降り、隣町の散策をすることにして、「向こうの街を歩くぞ」といい、リードを引いた。

坂を登り切って尾根道に出た所で一休みしていたら今来た道を中学生が上がって来た。坂の下にある中学校の生徒だ。
「こんちわ」などと挨拶し、彼は山道に入っていった。
と思ったら、我がプーキーも彼の後を追い出した、プーキーは山道はそれほど好きでなくても人は大好きなのだ。結局、しめしめ、となった。

驚いたことに、その少しあと、また男子中学生が2人尾根道をやって来て追い抜いて行った。やはり「コンチワ」と礼儀正しい。
尾根道を抜けた先には「ゆりのき台団地」があるからそこに住んでいる生徒たちだろう。
通学路は大通りで時間的には其方を通った方がやや早いだろうが、多分私と同じでこの道を歩くのが好きなのだろう、などと一人合点した。

歩いた尾根道は1.5kmくらいなもので、出会ったのはこの3人だけだったが、プーキーは人と会えてゴキゲンで枯葉の道を飛び回っていた。
木立の影が山道にくっきりと浮かび上がっていて、こんな風景がたまらなく、いい。

80木の影IMG_3741   81IMG_3740.jpg

昔、友人のIMが自分が撮った写真をデザインし某雑誌の表紙を飾っていたことがあった。
「影絵シリーズ」として1年間、彼が人の影など影だけを追いかけていたことを思い出す。
その真似をして撮ったわけではないが、撮ってすぐにそのことを思い出していた。



下の「拍手」をポチッと押していただければ励みになります。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント