FC2ブログ

ドイツW杯②・集合写真・・・Vol.1317


そういえば空港ではみんなが出迎えていてくれた。
勿論断る理由などなかったので、一緒に仲良く記念写真を撮ってもらったものだ。

21集合P1030804 - コピー

ニュルンベルクでは、すでに相当厳しい状況になっていた。
初戦の豪州戦で日本はすでに1:3で敗れていた。
この時はまだ豪州はアジア地域のメンバーではなかった。
2002年に韓国をベスト4に押し上げた知将フース・ヒデンクが豪州の監督となって我らの前に立ちはだかったのだった。
前半26分、中村俊輔のFK、彼が上げたクロスボールがゴールに吸い込まれていった。1:0。
このまま後半40分近くまで何とか持った。
しかし今もまだ健在な(憎き)ケーヒルが同点に持ち込んだ。
それからはアッという間だった。
あれよアレヨ、あっ、アッ、あっ、という間にパワープレイで押し込まれ2点目、3点目と決められてしまった。屈辱の1:3でホイッスルが鳴った。

1戦目が終わり、勝ち点はブラジルが3、豪州が3、日本とクロアチアが0、という状況だった。
この日はおそらくブラジルが豪州に勝ち、勝ち点6を得ると誰もが予想していた。日本はクロアチアに勝っても勝ち点3、残る3戦目はブラジル戦だ。豪州は3戦目のクロアチアに勝てば勝ち点6、引き分けても勝ち点4となる。日本はクロアチアに勝っても厳しい状況だったが、勝たなければ奇跡も起きない、そんな時を迎えていたのだった。

止まり木で一服し、着替えてスタジアムへ向かった。

よろしければ下の「拍手」をポチッと押してください、励みになります。
ありがとうございました。では、また。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント