FC2ブログ

ライン下り③・ローレライの歌・・・Vol.1314


ラインの水面を船は進む。
途中川幅が狭くなってくるところがある、ここにローレライの岩山が迫って立っている。
日本なら、舟漕ぐ名物船頭が“ここぞ見せ場聞かせ場”とばかりに♪ローレライの歌♬などを鍛えた喉で聴かせてくれるところだ。
が、ここライン河の大型クルーズ船からは「右側をご覧ください。あの岩山が有名なローレライです」と言っているだけだった。歌や曲は流れなかったように覚えている。

8ローレライP1030859 - コピー

8P1030861 - コピー
あの看板あたりなのだろうか、伝説では美少女が岩山に腰掛けて川行く船頭を誘惑し、舟は川の渦に飲み込まれていったという。
ライン一番の難所だったのだろう。

それにしてもドイツ語は、ヒトラー時代の映画に出てくる女性軍人がアナウンスをしているような、思わず直立しなければいけないような、そんな響きをどうしても感じてしまう。もちろん私はドイツ語はわからないので、アナウンスは多分、そういうことを言ったに違いないと思っただけで、大変恐縮・・・。

今宵はじっくり、ヨハン・シュトラウス1世でおくつろぎください。
♬ ローレライ・ラインの調べ ♬



よろしければ下の「拍手」をポチッと押してください、励みになります。
ありがとうございました。では、また。
From Tokyo With Love 東京より愛をこめて
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント