FC2ブログ

苔ガール・・・Vol.1254

八ヶ岳の白駒の池周辺は苔の宝庫だという。
先日、苔の虜となった女性が白駒の池あたりを散策している姿がTVに映っていた。
彼女のような苔に魅せられた女性たちを“苔ガール”というのだそうだ。

私は苔ガールでは勿論ないし、苔ボーイでもない。
だが、確かに苔には魅力がある。
普段遠目で見ているとどうということはないが、何かのきっかけで近寄って見ると味わいがある。
高尾山の私の好きな場所にも素敵な苔があった。
切り倒された手ごろな丸太が2本道端に置いてあり、最初は座って一服でもするかと思ったのだった。見ると丸太は湿っているし苔が生えていた。座る代わりに見惚れたのだった。

10月26日の高尾山の苔、胞子も星のようでもあった。

5苔IMG_0823

9月中旬にも撮っていたのがコレ。楓の葉があるが、同じ葉ではない。26日には「アレッ、まだ緑のままか!」などと一瞬思ったが、位置が違っていた。左が10月、右が9月。

6コケ1026IMG_0820  6高尾苔0918IMG_0678

向こうの2本の丸太に苔が生えている。

7苔IMG_0851

この2本の丸太を撮った位置から向かって右に視線を向けると“私の好きな場所”の景色になる。
このコースを通るときには必ず一服する場所でもある。ここから高尾山頂までは約25分くらいだ。

今宵は、ソニークラーク ♬ Cool Strattin’ ♬ 


それにしても、なんなんだろう。
山ガールとか歴女とか、相撲女子などなど、これはやはりみな男目線の言葉ではないか?
言葉を造ったり発信しているのが皆男目線からということだろう、か?
特別に“女子会”だとか“○○女”などと言うことないではないか、などと、“○○男”と言われないから僻むわけではないけれど、なにかしっくり来ない“老男”ではある。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント