FC2ブログ

晴耕雨読・・・Vol.1248

暖かい太陽が顔を出す日も少なく雨の日が多い。

我が家の高砂百合は夏8月に第1段が咲き、今時分から11月にかけて第2段が咲き出す。
どこもそうなのだろうか?

今年の第2段は、ちょっと心配していた。芽は出たが、細く丈も短いままだった。
それでも数本は咲くだろうと楽しみにしていた。
台風が来る前に健気にも1本だけ咲いた。

2百合IMG_2985

朝顔も花の時期は過ぎたが、タネを採ろうと蔓はそのままにしておいた。
なんと名残の朝顔が咲いていた。

雨のない日は庭の草取りや河原の土いじりで、“晴耕“といえなくもないが、雨の日は残念ながら”雨読“とはいかない。本はある。借りた本や衝動的に買った本を読み切れないまま手元近くに置いてある。それなのにまた買った。

10月5日だったか、ノーベル文学賞の発表があり、TVで“カズオ・イシグロ!“と騒いでいた。読んだことはなかった、すぐ売り切れるだろうとは思った、今ならすぐ届くだろうとアマゾンに手を出していた。1冊はすぐに届いたが残りの2冊は2週間後だった。見たらその2冊には「ノーベル文学賞受賞」と帯が巻かれていた。在庫在りとあったが、私に回す分はすぐになくなってしまったのだろう。

3朝顔IMG_2984  4ノーベル賞IMG_2988

衝動買いだったせいか、雨の日が多いのに、まだ読んでいない。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント