FC2ブログ

おススメは安宿・・・Vol.1240


忙しい合間を縫い休暇を取ってバカンスや観光をする、2人以上でワイワイ旅をする、というのでなく、ひとりで長期間海外を旅する、そんな方には、金があろうがなかろうが、また、老若男女に関係なく、安い宿に泊まることをお薦めしたい。

若い方は、言われなくても実践している方も多いだろうから、ここではお年寄りの方にぜひ、お薦めしたい。ホステルとかバックパッカー宿がいい。
利点は、ズバリ、楽しいからだ。いろいろな国の若者が泊まっている。もちろん、時には年配者もいる。
一部屋にベッドが4つとか6つとかあるので、否応なく会話が生ずる。
「言葉が出来ない?」「なんの片言で大丈夫」なんとかなるものです。泊まってみようかと言う気持ちがある方ならば・・・。

「鼾をかくからなあ」と言う方でもOKです。同室の宿泊者はたいがい旅慣れていて自己防衛手段には長けていて、耳栓などを持参していますから。
どうしても一人部屋がいいという方は、少し高くなるけれど、そういう部屋がある宿を探したらいいと思います。共有スペースはありますから、そこで団欒したらいいでしょう。
普通のホテルでは味わえない旅行者同士の触れ合いが、安宿では生まれます。

ただし、年配の旅人にとって守ったほうがいい事項があります。
1. 威張らない、自分のことを吹聴しない。
2. 説教しない。
★ 酒はおごってもいいでしょう。


1庭IMG_1389

2朝食IMG_1390

3外観IMG_1392

4宿の看板IMG_1391

ブラジルのオリンダにある安宿。Wカップで日本が初戦を戦った場所:レシフェの北、バスで約40分くらいのところにある古都の雰囲気がある町。町のメイン広場:カルモ広場に建つ修道院の南真下にある。1泊朝食付(1部屋6ベッド)で1ベッド=60レアルだった。当時1レアル=約45円。
「暑くて眠れない!」と冷房をギンギンに効かせるアメリカの若者が同部屋に居て、コチラは寒くて眠れない、毛布を2枚借りてきて寝たものだった。朝食は食堂で食べるも良し、外の庭で食べるも良し・・・。大きなオフロくらいのプールもあった。

たまには、風に吹かれて 違う空気を吸うのもいい。♫ Blowin' in the Wind ♬



From Tokyo With Love  東京より愛を込めて
  思い出を たぐって  

「世界半周」ランキングに参加しています。こちらをポチッとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界半周へ
にほんブログ村  夢は果てなく。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント