FC2ブログ

高尾山・細田屋・・・Vol.1203

「久しぶりだね」と親父さんが言った。
嬉しいもんだ。親しく会話を交わしたことはなかったが覚えていてくれたらしい。
「綺麗になっているでしょう」とも言った。
細田屋のおやじさんだ。茶店前の登山路が綺麗に整備されていた。

高尾山に登る楽しみのひとつが、ここ細田屋だ。峠の茶屋といったところだ。高尾山頂を西に下って、もみじ台にある。奥高尾の入口だ。
この茶店でなめこ汁をいただきながら、目の前の登山路を、向こうからやって来る人、コッチから向こうへ過ぎていく人、そんな登山者を眺めるのが好きだ。登山者というより旅人といった風情が感じられて、大好きな場所の一つだ。

陣馬山からか、小仏からか、汗を拭きふきやって来て「あらっ、こんなところに」といった風で、茶店を見る。通り過ぎかかって戻り店に入る人も居る。何人かは、店の前の道向こうの(お店のものではない)ベンチに座る。立ち止まって一休みしたくなる陽だまりなのだ。「雲がなければ、目の前に富士山が浮かんで見えるんですよ!」などと声をかけたくなる。が、この日は雲がある、悔しがらせてはいけない、ジッと黙ってなめこ汁に戻った。

3細田屋IMG_0671

4なめこ汁IMG_0670  5もうすぐIMG_0668


まだ石も砂利も敷かれていなかった頃(2015年10月6日)。店先からと、向こうから店のある方を見た写真。数人が立っている左に細田屋がある。
20151006DSC_1254.jpg  20151006続きIMG_3240

山道を黙々と行き交う人たちを眺めていると島崎藤村の”旅人の群れは いくつか 畠中の道を急ぎぬ”をつい思い出す。
あちらは少し物悲しさが漂い、この場所は明るくのどか、そんな違いはあるが、旅人の・・・がダブルのかもしれない。♫ 千曲川旅情の歌 ♬



From Tokyo With Love  東京より愛を込めて
  今日も 行く 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界半周へ
にほんブログ村  夢は果てなく。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

この道、冬はぐっちゃぐちゃなんですよね。綺麗になって良かったです^^
3月に季節外れの雪が降って富士山や丹沢が冠雪した日、
この道を整備している工事のおじちゃん(お兄ちゃん?)たちと並んで、
ここから一緒に大喜びで富士山を見ていました!(笑)

No title

おや、その頃整備をしていたんですね。ところで今夕は虹がすごかったですね!葉月さんの作品が楽しみです。