FC2ブログ

榊祭り⑤榊の神輿・・・Vol.1177

榊祭りの本命は、何といっても神輿のぶっつけ合いだろう。
神輿は4基が出、担いで街道を走る。
「ヨイよい、よいよい!」と掛け声を発して走る。

神輿に鎮座するのは生の榊の木だ。
この木に2人くらいが登り、他の者は担いで走る。
要所要所で立ち止まり、前後左右に神輿を振る。互いに神輿の榊の木をぶっつけ合うのだ。
木に登っている猛者は振り落とされないように榊にしがみつきつつ、「もっと強くぶつけろっ!」などと声を荒げる。
担ぎ手も必死だ。
片方の者たちは、低い姿勢で担ぎ棒を地面につけ、もう一方の者たちは空中に跳ね上がる担ぎ棒とともに空中に舞う。
ギッタン・バッタンを繰り返すのだ。呼吸があわなければ一巻の終わり、大怪我が待っている。

11榊2IMG_20170815_205345

勇猛な神輿は、榊の枝が折れ葉が飛び、枝だけになるのが早い。
夜の8時ころからスタートして、深夜12時まで練り歩く。
その間神輿に水を掛けたり、酒を飲んだり、景気を付ける。
最後は110段ばかりの急な階段を一気に駆け上がる。
一気に登り切らないと神輿は階段から落下しあの世行きになってしまう。
階段の上にあるのが大伴神社だ。
ここに奉納して祭りは終わる。

12IMG_2385  13IMG_2373

14IMG_2383  15榊IMG_2356

勇ましく熱い望月の夏と夜が終わる。
そして一気に秋の気配が漂ってくる。
生きていれば、また来年、というわけだ。

故郷のある者にとってお盆は帰省したり、しなかったりだろうが、思いを馳せる時期ではある。
♪ 誰か故郷を想わざる ♪ だ。


From Tokyo With Love  東京より愛を込めて
  歌いながら 今日も行く  ♬ 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界半周へ
にほんブログ村  夢は果てなく。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント