俺にも言わせろ・スポーツに吹く風・・・Vol.1139

「人の人生に自分を乗っけているんじゃないよ」というようなことを上西議員はHPに書いたらしい。
人の人生=レッズの選手、自分=レッズサポーターということらしい。

これは上西議員を「おれの事務所のタレントの一人」などと嘯く、元”左翼崩れのヤクザ“と言った感じの人を喰った風の秘書某が書いたのではないかと思うが・・・。彼は”炎上ビジネス“が得意だと報じているTVもあった。

しかし、「人の人生に自分を乗せる」、これはある意味ではスポーツというものをどう考えるか、スポーツってなんだ?に関わるテーマに彼女らは期せずして触れた、と私は思っている。

軽々と2人は使ってしまったが、上西議員と秘書某の2人とも、スポーツを軽視しているというか、スポーツなんかどうでもよく関心もないのではないか。そうでなければこのような言い回しはでてこないと思うのだが。まあ、他者のことを見下し、軽視しているような御仁たちだから仕方がないか。

私に言わせれば「そうだヨ、人の人生に自分を乗っけて自分の人生を楽しんでいるんだ!何が悪い?」と言うことだ。スポーツの魅力は見る楽しみ、応援する楽しみというものも含まれる、と私は思っている。
スポーツは、もちろん、やれば楽しい、が、やらなくても楽しい。選手を目指した者、なれなかったもの、最初から観戦・応援に回る者、やりたいが出来ない者、あまり関心がない者、悲喜こもごも、それぞれで成り立っていると思っている。

好きなスポーツがあった方が愉快だ。贔屓チームや選手がいればもっといい。
贔屓を叱咤激励(時には罵倒も)することもいい。が、某議員のように、おそらくサッカーにも関心がなく贔屓チームでも敵対するチームでもないのに,ああいう罵倒はよろしくない!

もっと愛を!

などと宗教者のようになってきたので、血圧がこれ以上上がらないうちに、今日はオシマイ。

といいつつ、それにしても、東氏ではないが「当たり屋には、かかわらないでスルーすること」で大人の対応をしたレッズは、OKだ。
ピッチ外ではOKだが、肝心な試合には暗雲が立ち込めてきた。
それにしてもセビージャ戦のアントラーズは良かった。久方の鈴木優馬も魅せてくれた。MOMの18歳・阿部裕葵も楽しみ。  強いカシマが戻って来たか?!

鈴木優馬IMG_1934
鈴木ユウマ。
阿部裕葵abeI阿部_1935
阿部ヒロキ。   (写真はともに、エルゴラッソから)

今晩の歌は ♬ We are one ♬ 2014 Rio から。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント