旅の空から[異国の細道]74・余談2・散髪・Vol.113.2014.9.26

5月29日にブラジルに入ってから今日で122日目を迎える。
この間2度床屋サンに行った。

一度目は、ブラジルのバヘリーニャスだった。
7月26日、次の地マナウスに向かう日の午前に行って来た。
最初覗いた店は、美容室で「男性は、やらない」と言われ、「どこかに、ない?」と聞くと、うーん?と考え込まれてしまった。
すると、店から少し離れたところに溜まっていた男性たちが「おい、あそこが、そうだ!」と教えてくれた。

通りを挟んで100mくらい先を指差した。

床屋は3坪くらいで鏡とその前に台、ハサミ1本、霧吹き、タオル、水道など水はなかった。
腕は良かった。5レアルだった。230円くらいか。
「おお、いいね!」と礼を言ったら、若者は嬉しそうに微笑んだ。入ったときは客は誰もいなかったが、振り向くと10代の男たちが3人、物珍しそうに私を見ていた。

宿に戻って、宿のプロフエツサーこと支配人が「写真を撮ろう!」と言った。

床や、バヘリーニャス8-26

2度目は、ペルーのワラスだった。9月24日。
髪が伸びたので、朝寝ぐせを整えることが面倒になってきた。
宿のルセ君に場所を聞いて行って来た。ブラジルとは違って美容室しかない。あれれと思って中を覗いていたら、女性が手招きをした。私は、自分を指差して「OK?か」と聞いた。
「シー!5ソーレス(170円)!」と即値段も言った。ルセから聞いていた値段だった。

電気バリカンを見せ「これでいいか?」というようなことを聞いてきた。
短めに、とは言ったが、心配になった。が、OK!と言ってしまった。目を閉じて終わりを待った。
結果は、流石にプロ! バリカンでジャンジャン刈っていたが、そりあがってはいなかった。うまいもんだ!
お礼を言って、記念にと写真まで撮っていただいた。
「まて」というから何かな?と思ったら領収書をくれた。

床や、ワラス9-24
少し老けたかな?

追記
 夕べは書きかけて眠ってしまった。
朝、起きるとテレビで、木曽の御嶽山噴火!のニュースが流れていた。お亡くなりになった方のご冥福を祈るとともに早く収まることを願っている。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

アルマス広場でのビールはご法度です!!

 午前中は旧市街へ、そして午後は新市街に戻ってのブラ散歩・・イイですね・・
 コレクティーボの乗り方はコツがいるようですが、それさえマスターすれば移動は楽チン・・しかも1回1ソルと格安・・車内の集金係に小銭をわたせばおつりもくれるとのこと・・

 昼食休憩は、高級住宅が軒をつらねるサン・イシドロ地区の広場にあるスタバ・・気持ちのいいテラスでのんびり飲むコーヒーの味はきっと忘れがたい思い出となることでしょう・・(-o-)y-~~~
 スタバの近くには、周りとの調和感など一切無視して、いきなりマヤ遺跡のピラミッド「ワカ・ワヤマルカ」がありますが、探訪するには評判があまりよくないようです・・そこにある小さな博物館は入館料をとられた上、出土した不気味なミイラなどが展示されているとのこと・・ブログでの写真掲載には不向きです・・

 それでは、リマの中心アルマス広場とカテドラル・・17世紀のコロニアル時代の繁栄を色濃く残している様子を写真に収めてください・・楽しみにしています (^_^)

ペルーの微笑み

風呂上がりのようにさっぱりとして、微笑みを浮かべるOldboyさん(?)のご尊顔を拝見し、本当に旅をしているんだなあ~と得心しました。
(*^^)v
これからも、たまに顔を見せてくださいね。
Cuídense mucho y estamos en contacto!!
Chao!! !(^^)!

御嶽山噴火の惨状速報

28日朝現在、木曽の御嶽山噴火でお亡くなりになった方はいません。ただし、40人以上が重体・重傷(10人意識不明、山小屋になお37人)との報道内容です。
噴火直後の映像はYouTubeで見ることができます。

速報の2

28日夜21:00現在、31人心肺停止。
気象庁は、マグマ噴火ではなく水蒸気噴火との見解を表明。

その3

 10月2日、これまでに47人死亡、戦後最悪の山岳災害。
 「47人中46人が、噴石が当たったことなどによる損傷死、残る1人は熱傷死とみられる・・」(長野県警)。