ふるさとの山・・・Vol.1106

ふるさとの 山に向かひて 言ふことなし 
ふるさとの山は ありがたきかな


さすが啄木、いいことを言う。

兄より先に弟が倒れ、義妹が夫とその母、つまり私の母、の面倒まで看ている。
東京に出たきりの私は、出っ放し、不義理のかけ通しというヤツだ。
不甲斐ない自分を想うにつれ、故郷の山、好きな浅間山を見るにつれ、山に向かいて言うことなし、だ。
そしてこんな状況下でありながら、不条理にも、故郷の山はありがたきかな、だから不思議だ。

弟のいる病院に向かう途中の浅間。
1IMG_20170622_132849.jpg

病院を出ると夕焼け雲が浅間の上に浮かんでいた。病院近くのスーパーの駐車場から。
2病院から2IMG_20170619_190828

浅間の姿は、やはり生まれ故郷近くからの姿がいい。誰もが、そうおもっているのだろう、きっと。
今日も雲は浮かんでいた。
みんな少しでも良くなりますように!

From Tokyo With Love  東京より愛を込めて
  浮き雲がゆく
 


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント