FC2ブログ

見舞い・・・Vol.1105

暑中見舞いではなく見舞いに行って来た。
弟が1月末に倒れ、現在リハビリに励んでいるのだ。
信州は佐久の某病院だ。

いつもとは違う道を走った。この道だ。

途中清里付近IMG_20170619_160921 - コピー

清里付近。中央道を小淵沢ICで降り、北上し、佐久甲府道、つまり小海線沿いに走った。
結局出番はなかったが、畑も草茫々だろうと思って愛用の長柄のカマを車に積んでいった。確か長い柄のカマはなかったとおもったからだった。だが、畑はきれいだったのだ。
その代わり、庭の手入れなどに大方の時間を費やしたのだった。これには長い鎌は必要なかった。

庭に3本の松の木があり、枯れた枝などを落とした。
松くい虫にやられ始めたかと最初は思ったが、違うような気もする。
とにかく、脚立から落ちないようにと気を配りつつ励んだ。

最終日に、やっと当初の目的だった近くの畑へと出かけた。
野菜畑は綺麗だったが、畑の後ろに控える竹林が問題だった。
どんどんどんどんと畑に進出してきていた。
これをバンバンバンバン切った。
もちろん竹の子は山ほど持ち帰った。

「米ぬかと一緒に茹でるといい」と弟の長男の嫁に言われ、弟の嫁さんが糠をたくさん用意してくれた。
家に竹の子と一緒に帰ったら、妻が言った。
「あら、私は、コメのとぎ汁で茹で苦みなどをぬいているのよ」
だとさ。
しかし、よろこんではくれた。きっと、あとは私の仕事、だろう。

弟は、カレンダーを眺めつつ、「まだこんな状況か」と少しだけ苛立ってもいるようなそぶりもみせたが、大分元気が戻ってきていた。
「気長仕事だぞ」と言ったら、「ああわかってるよ」とばかり笑った。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント