諏訪紀行4・宿、約束の時間・・・Vol.1074

なつかしい笑顔があった。

コーヒーを飲んだりブラッとしたりするうちに仲間との約束の時間が近づいてきた。
今晩泊まる宿での集合時間は午後3時だった。
三々五々好きな方法で集まることになっていた。

向こうに諏訪湖畔に停泊中の遊覧船などが見えてきた。
地図では、湖畔のまえを走る道路角だから、ここら辺かと思ってよく見ると、「正面玄関は湖畔側」という案内板があった。
宿の角を左に折れたら、なつかしい友の顔がほほ笑んでいた。

7宿IMG_1487

宿に入らず、入り口付近に腰を下ろしていた。
挨拶もそこそこに「どうした?中へ入らないの?」と聞くと
「一緒に来た仲間のYが酒の肴をそこのコンビニに買いに行ったので待っているんだ」と言う。
すぐにYがビニール袋いっぱい抱えて戻って来た。

宿に入る。
「幹事さんは〇号室でお待ちです」と中居さん。

やはり挨拶もそこそこに、まずは地域限定ビールで喉を潤した。

13地ビールIMG_1504
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

笑顔

いい笑顔です。

元気そうですね。