旅の空から[異国の細道]63・・・ペルー4・チャチャポヤス2・・Vol.102.2014.9.18.

キオクタの洞窟  caverna de quiocta

チャチャポヤスから約40km。
標高2300mのチャチャポヤスから、一度1000mくらい下って谷川に出る。そこから違うアンデスの山並みに入る。デコボコの道が延々と続く。雲の上を目指して、山肌を縫って登って行く。

20140919074720d8a.jpg

ハンドルを切り損ねたら一巻の終わりだ!千尋の谷底へあっという間に落ちて行く。
なぜか"仙?と千尋"が頭に浮かんだ、千尋つながりだろう!
この山道を凄いスピードで車を飛ばしていく。角に来るとクラクションをビービー鳴らしてすっ飛んでいく。

やっと頂上に着いたかと思うと、また次の山が待っているという具合でキリがない。
これでもう山はないだろうと思うと、こんな山頂に台地が開け、さらに高い山々が盆地を囲んでいる。

20140919074811b55.jpg

さらにすすむと、ルヤLuyaという町に出た。写真よりもっと平坦な台地に町が出来ていた。洞窟見物の帰りにここのところにあるレストランで昼食を取った。

20140919074943697.jpg
立っているのは、フオ-クローレの演奏者。名前はビクトル-チャベスという。CDを買った。

洞窟は、ルヤの‘町からさらに上、やはり山を登りきると開けた台地に出た。台地というより高原といった方がいいか?、そんなのどかな場所にキオクタの鍾乳洞はあった。
奥まで約600m、真っ暗の中を懐中電灯の灯りだけで進む。川も流れ、コウモリも住んでいる。
人の手が入ったのではないかなどと思ってしまうくらいの造形美だった!

2014091911533186c.jpg
写真中央窪地の林が洞窟の入口。
20140919074950fc8.jpg
20140919074941c4a.jpg
行ったことはないが秋吉台もこんな感じの風景だろうか?
中はすごかったが、スマホの写真では上手に撮れなかったので許して欲しい。PCがいつか復旧したら追加掲載させてください。

食後、ルヤから今度はほかの山系を登った。
やはりのどかな高原に出た。
カラヒア Karajia という所だ。

201409190752287b4.jpg
201409190752357c9.jpg
ここから2kmばかり行くと深い谷に出た。

カラヒアの棺カラヒアの棺 Sarcofagos de Karajia と呼ばれている死者の谷だ!
深い谷の断崖中腹に王の墓とされる棺が置かれ、北方を見ている。チャチャポヤス王たちの墓だという。

201409190752363d0.jpg
201409190752391ca.jpg
これも写真は後日再掲しますが、真ん中あたりに6体、あと2体ほどありましたが、昔は、もっとたくさんあったとガイドさんが言っていました。

まだ行っていませんが、イースター島のモアイに顔かたちが似ていました!
それにしても山岳の民族チャチャポヤス王国と海辺平原民族のシカン王国やシパン王ののモチェ王国とは、埋葬の仕方が大分違うものだ!

カラヒアの棺は、標高2800m弱の絶壁にある。
今は、崖の上の高原は農地となり、遠い昔は王の墓守だったのではないかなどと勝手に私が想像している村人が耕作をしている。

その子どもたちも愛嬌がある。
私たちに付いてきて、先回りなどをして私たちを楽しませてくれていた(^ー^)

20140919075237be5.jpg
崩れて、今は棺のない王の場所は、子どもたちの隠れ家となっている!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは!東京にいながら中南米を旅させてもらっているようです。とても美しくて、そして魅力にあふれた場所ばかりですね。子どもたちはどこに行っても可愛いです♪東京はだいぶ涼しくなりました。そちらも風邪などひかないように気を付けて旅を続けてくださいね!

Re: No title

> こんにちは!東京にいながら中南米を旅させてもらっているようです。とても美しくて、そして魅力にあふれた場所ばかりですね。子どもたちはどこに行っても可愛いです♪東京はだいぶ涼しくなりました。そちらも風邪などひかないように気を付けて旅を続けてくださいね!

変わらず、多忙でしょう!緯度の割には朝夕は暑さを感じません。高地だけでなく低地でも。言葉は難儀していますよ!そのたびにアナタのことをうらやましく思い出しています!

お蔵入り・・!? (ノдヽ)

 千尋のつながりは、お察しのとおり“仙”ではなく“千”です。

 ルヤLuyaという町は“平坦な台地の町”・・“平(ペイ)台”つながりでしょうか・・なぜか“ナンペイ大”が頭に浮かびました。

 『スーパーナンペイ大和田店で1995年にあった女性3人射殺事件の実行犯を知っている可能性があるとして居住先のカナダから移送された中国籍の何亮(かりょう)については、警視庁の任意聴取で射殺事件の有力情報は得られなかった。検察側が控訴する可能性は低いとみられ、被告は近くカナダに帰国する見通し』【9月18日毎日新聞】

 もうすぐリマですネ・・そしてマチュピチュ、クスコ・・いずれ飲むことになるであろうクスコのビール、Cusqueña(クスケーニャ)・・!
味わい感想を楽しみにしていま~す♪ (^o^)

そのとおり(^ー^)

先を読まれました!ほぼそのとおりです。が、リマの前にワラスなどが多分入るでしょう!
アギレ監督の評判は、どうですか?

クスケニーヤ

宿で飲む時はスーパーなどで買ってきて飲むのですが、今日は疲れたので宿のビールを頼みました。なんとクスケニーヤでした!ちょっと舌にピリッと残ります、旨い!です(^o^)