悠久の地を行く・・・Vol.1005

湯殿川に沿って北側を北野街道が走る。
街道の北側は丘陵地帯で京王線「北野」駅近くまで続く。
ここらあたりでは湯殿川・北野街道の周辺の低地を「下の段」、丘陵地帯の上を「上の段」などと呼ぶ。
「上の段」には東西に京王線が伸びている。

椚田中学校の北側から切通を登ると公園に出る。
「国史跡・椚田遺跡公園」だ。

2IMG_1026

1遺跡IMG_1024

3IMG_1025

4IMG_1028

5IMG_1030

発掘が終了したのちは、モニュメントと若干の説明書きが残るのみで、今は広い広場となっている。

今から4500年ばかり前の縄文時代、ここに集落があり、人々が生活していたのだ、などと思うと不思議な気持が湧いてくる。
残っているのは、青空と白い雲のみだ。

家のすぐ近くにも現在発掘中の遺跡があるが、ここはさらに500年前だと言う。
もうじき調査も終了し、やがて新しいバイパスが通る。
ここも、いずれ残るのは、やはり青い空と白い雲だけになるのだろう。

それにしても縄文はいい、ダイナミックでおおらかだ。
つい、サッカーのGK川口選手を思い出す。だいぶ以前の日本代表ユニフォームだ。
炎のデザインがよく似合っていた。なぜか、縄文の土器を連想させていた。あのユニフォームは好きだった。

テーマソングを口ずさみ、今日も行きます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界半周へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村
From Tokyo With Love  東京より愛を込めて

いい日となりますように!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント