ACL開幕、日本勢好発進・・・Vol.1000

いよいよ日本のサッカーシーズンの到来だ。
ACL1次リーグ東地区の戦いが始まった。
日本からは4チームが参戦、昨日レッズとアントラーズ、今日はガンバとフロンターレが出場する。

F組のレッズは、アウェーで3年前のアジア・チャンピオン「ウェスタン・シドニー」と対戦し、これを撃破した。前半を0:0で終え、後半11分に李からのパスを密集から抜け出した興梠が技ありシュート、先ずは1点目。13分、今度は興梠から受けたボールを李がこれも見事なボレーで決める、2:0。23分には、CKから槙野がこぼれてきたボールを足で蹴り込む、反射神経のいいところを見せた、3:0。41分、さらにダメ押し、新潟から移籍してきたラファエル・シルバが初ゴール、個人技に優れると言う片鱗を見せつけた。4:0の完勝だった。調子者の槙野が決めたことで、さらに槙野は乗っていくことだろう、Jリーグ開幕に向けても、面白くなってきた。李もシルバも楽しみだ。

E組のアントラーズも、韓国の蔚山相手にホームで後半19分に金崎、37分には今季から9番を背負う鈴木が決める。2:0、FWツートップのそろい踏み、鹿島も変わらず強そうだ。18日のゼロックス杯では浦和をカシマが破っている。

ACL初戦android-20170222120241
(サンスポから)

ところで、鹿島からスペインのテネリフェに移った柴崎だが、神経性胃炎のようで6㎏も痩せたとか日本へ帰りたいと言っているというような現地報道もあるらしいが、大丈夫なのだろうか?
海外で闘うには言葉の壁はもちろん乗り越えなければ話にならないが、それ以上にメンタルと性格が大きく左右するのかもしれない。本田は異質だが、香川や長友、岡崎などを見るにつけ、彼らにはなぜか人なつっこさがある。
是非、柴崎のようなタイプにも今の苦境を乗り越えて大活躍をしてもらいたいものだ。

さて、Jの開幕に向けてtotoの準備をはじめなければ・・・、今年は一発ドカンと命中し、経済的豊かさを味わいたいものだ。必勝祈願だ!

浮かぶ雲を見ながら、テーマソングを口ずさみ、今日も行きます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界半周へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村
From Tokyo With Love  東京より愛を込めて
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント