行雲流水18・Spring has come!・・・Vol.245。2015.2.27

Spring has come! 春が来た。久々に太陽が顔を出し、気持ちのいい日となった。わが家の庭にも春がやってきた。春の気配や足音は聞こえてはいたし、春よ!などと呼びかけもしていたが、また、まだまだ寒い日もくるであろうが、とりあえず春が来た、と言いたい日になった。紅梅もやっと咲き出した。昨日の雨の水滴が花に残っていた。クロッカスも一気に咲き始めた。季節外れの感じのするわが家の芝桜も。水仙は、あと2-3日だろ...

サッカー6・ACL初戦・・・Vol.244。2015.2.26

なんなんだ!また、血圧があがった。ACL アジア・チャンピオンズリーグの初戦が行われ、わが愛する日本チームは、不甲斐ない結果に終わった。3チームが敗戦、1チームがドロー。キャンプでの練習試合では、好調が伝えられ、楽しみであったレッズの橋本和は、ACL初戦ではダメ印だ。チャンスはあった、が、せめてシュートは枠に飛ばさなければ!それにしても、自陣でも敵陣でも、ボールをこねくり回し過ぎだ。パスサッカーといえば...

南米の風景3・Amazon・・・Vol.243。2015.2.26

Amazon アマゾンThe Morning Sun 朝日Sunset 夕日Moon in the Dusk 夕闇と月Aborigines Village 先住民の村Go into Jungle ジャングルの中へCamping in Jungle キャンプHammock covered with Mosquito Net ハンモックを蚊帳でくるみ寝るPink Dolphin ピンク・イルカCrocodile ワニBig Bird 鳥...

南米の風景2・Lencois・・・Vol.242。2015.2.25

Parque Nacional dos Lencois Maranhenses レンソイス・マラニャンセス国立公園 Brasil雨季に浸透した水が砂上に出現。7月から9月に湖は最大になり、12月から2月は湖は消える。広さは、東京23区の2倍以上で、1550平方キロメートル、大西洋に面して、真っ白な砂丘がどこまでも続く。...

南米の風景 1 ・ Rio de Janeiro ・・・Vol.241。2015.2.23

Rio de Janeiro リオデジャネイロIpanema イパネマLagoa Rodrigo de Freitas湖の向こうがイパネマ海岸。Copacabana コパカバーナ西から東方面を見る。右奥がPan de Acucar 砂糖パンの山。Pan de acucar 砂糖パンの山Sun Rise 朝日が昇る。Botafogo ボタフォゴEnseada de Botafogo ボタフォゴ湾。ポン・ジ・アスーカルとバビロニアの丘(写真右)。ボタフォゴ湾の左がBotafogo の町、正面右が Flamengo の町。Corcovado コルコバ...

旅の空から[異国の細道]164・旅のメモ 10 ・・・南米の宿・・・Vol.240。2015.2.21

SudAmerica 2014 の旅、草鞋を脱いだり履いたまま寝た場所・ホステル・ホテルの一覧です。Ⅰ.Brasil ブラジル1.ファベーラ宿 ★ (バビロニア、コパカバーナ・レーメ、リオデジャネイロ)2.Recife Praia Hotel (レシフェ)3.Albergue Sitio do Carmo (オリンダ、レシフェ)4.Apart Hotel Vale do Sul (ナタル)5.JM Hotel (別名Homestay Brazil)(クイアバ)6.Hostel Tijuana (サン・ルイス)7.Casa do Profe...

青春の異国 2 ・西瓜:インド、エジプト・・・Vol.239。2015.2.18

WaterMelon Story、India & Egypt西瓜の話:インド、エジプトいつだったか、ラジオでハンコックを聴いていた。昼下がり、コーヒーとハンコックはごきげんに合っていた。それが、♬ウォーターメロン・マン🎶を知った最初だった。あれはなつかしい響きだ。ゴアのカラングート・ビーチを”ウオタメロン、ウオタメロン”と声高に、西瓜を頭の上に乗せ売り歩く女、あの女のあの声とハンコックは妙に一致する。カトマンズからゴアへ。世界中...

ちょっといい場所 3 ・街角・・・Vol.238。2015.2.18

何十年分かの”後始末”をしていると、時々思い出したかのように書いた日記やら、同人誌もどきのようなもの、完全に忘れていた事などが、あれやこれや飛び出してくる。今はOldboy浮雲だが、ただの浮雲だった27歳のころのもの。甘酸っぱい時代を思い出した。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・街角きのう歩いた街角はほんのりとした陽だまりで思わず微笑んでしまった。青春時代の終わりに腰かけてやわらかい...

青春の異国 1 ・アフガニスタン Afgahanistan ・・・Vol.237。2015.2.16

40 Yeara Ago, AFGHANISTAN         ・・・40年前、アフガン放浪の旅から戻り、しばらくして働くこととなった。その職場に”女子会”があった。男子加入お断りの、その会から、ある日、優しそうなお姉さんがやってきて、こう言った。「旅の記事を書きなさい!」と。女子会の正式名は「あゆみ」といい、2か月に1度くらいの割合で機関紙を出していた。その「あゆみニュース」に、放浪していた時のことを書け、というのだ...

行雲流水 17 ・・・春よ Spring ? ・・・Vol.236。2015.2.15

Spring 春は、まだ少し遠い。が・・・・知人HFが素敵な写真を撮った。淡いピンクの紅梅が綺麗に咲いていた。私も知っている懐かしい場所の思い出のある梅の木だった。家にも紅梅があるが、まだ蕾だ。白梅は、先日より大分咲き出している。ほかに今咲いているものは、椿と鉢植えのシクラメンだ。が、春、という感じではない。水仙とチューリップの芽はだいぶ伸びてきたが、まだまだだ。普通なら、このスノードロップは、今頃は可憐...