旅の空から[異国の細道]99・ボリビア 2・コパカバーナ 2・Vol.141。2014.10.30.

セロ・カルバーリョ Cerro Calvarioコパカバーナの街の北側にカルバーリョの丘がある。ここが入口。ここから約35分・・・。中腹から見たコパカバーナ肩で3973m、あと少しで頂上だ。息切れがする。カテドラルもよく見える。頂上。4020mくらいだろうか。遠くに”太陽の島”もよく見える。港は真下に見え、行き交う舟も。陽ももうじき湖の向こうに落ちていく。その前に頂上の十字架に架かった。大分息が苦しかった。それもそのはず、...

旅の空から[異国の細道]98・ボリビア1・ティティカカ湖2・コパカバーナ・・・Vol.140。2014.10.30.

太陽の島 Isla del Sol インカ始まりの地。初代皇帝マンコ・カパックとその妹が天より降りたった島と伝説ではいう。ボリビア側のティティカカ湖にある。コパカバーナから舟で1時間弱。6度目の国境越えだ。正確には8度目だ、ブラジルとベネズエラに2回入っているから。ペルーとボリビアの国境。ペルー側から見た。あのゲートのようなものをくぐるとボリビアだ。ペルーのイミグレの前には、おばさんが机を出していた。ジュースで...

旅の空から[異国の細道]97・ペルー34・プーノ2・ティティカカ湖1・Vol.139。2014.10.27.

ティティカカ湖。トール・ヘイエルダールの「葦船ラー号」に憧れた少年時代があった。そのトトラの湖にやってきた。早朝コーヒーカップを持って屋上に上がった。下を見ると宿の前の線路脇に市が立っていた。さあー、いよいよ出航だ。港から1泊2日のティティカカ湖ツアーに出る。プーノ港をあとにトトラの中を行くヤコブたちと。彼は、長谷部が以前所属していたアウグスブルグの出身だ。ツアーのメンバーは、全部で9名。私以外は...

旅の空から[異国の細道]96・ペルー33・プーノ1再会と祭り・・Vol.138。2014.10.26.

嬉しい人と再会した! 高島さんだ。10月23日、プーノで夜出会った。ちょうどリマで別れてから3週間ぶりだった。10月23日、クスコ発朝8時のバスに乗ってチチカカ湖畔の町プーノに向かった。道中はこんな風景が続く。こんな雪山も越えた。フリアカの町だ。あと40キロでプーノだ。プーノに入った。午後3時だった。ちょうど7時間のバス旅だった。プーノの第一印象は「茶色の街」だ!宿は湖畔近くの「El Manzano guest ho...

旅の空から[異国の細道]95・ペルー32・クスコ・・Vol.137。2014.10.24.

インカ帝国の都、クスコ。標高約3400m。東から西に向かって緩やかな坂道が続く。西、北、南と3方山に囲まれている。西の山は3700mくらいあるだろうか。街のほぼ全域が石畳と言っていい。中心部のアルマス広場近くまで東から一直線に延びているメイン通り:Av.El Solが舗装されているくらいだ。アルマス広場右奥の教会がサンクリストバル。教会の下の林のさらに下あたりに宿はある。カテドラル内部は写真撮影は禁止なので残念だが...

旅の空から[異国の細道]94・ペルー31・インカ聖なる谷・・Vol.136。2014.10.24.

Valle Sagrado de Los Inacas クスコの北方、標高約2800mあたりに東西にウルバンバ川に沿って広がる谷だ。標高3400mのクスコに比べれば、温暖で花も咲き乱れる。今は、クスコ市民の避寒地でもある。ピサック Pisacピサックの手前で市に寄った。足元の路上には・・・聖なる谷へそして雲上の都市ピサックへ遺跡から下を見る。対岸には墓所があの山上がピサック遺跡だ。昼食はウルバンバで取った。気持ちの良いレストランだった。...

旅の空から[異国の細道]93・ペルー30・忘れられない日、アミーゴ!・・Vol.135。2014.10.24

10月18日(土)、マチュピチュ4日めの朝を迎えた。「朝、行った方がいいですよ!」と宿のジョンが言った。アドバイスどおり、朝出かけた。マチュピチュ温泉に。もともとマチュピチュ村は「アグアス・カリエンテス」という名前の村だった。世界的観光地となって改称した。アグア=水、カリエンテ=熱い、文字どおり”温泉村”だったわけだ。インカ初代皇帝マンコカパックの像のあるカパック公園を通り、村の奥へと歩く。マチュピ...

旅の空から[異国の細道]92・ペルー29・マチュピチュ5・マンドールの滝・・Vol.134。2014.10.24.

マチュピチュ3日目の朝が来た。宿の前も少し人が出てきた。部屋からは、マチュピチュ山とプトゥクシ山が見える。宿「Ecopackers MachuPicchu Hostel」のジョンが奨めた「村見どころコース」が3つある。インカ道トレッキング、マンドールの滝、プトゥクシ山登山。プラス温泉。インカ道は、ガイドをつけなければ山には入れないので、自由にブラブラ歩きをするのには適さないので、断念した。悩んだ末プトゥクシ登山に決めた。「こ...

旅の空から[異国の細道]91・ペルー28・マチュピチュ4・マチュピチュ・Vol.133。2014.10.22.

遺跡入口:朝6時開門。すでに世界中から集まってきた人たちであふれている。貯蔵所朝日を浴びて。プトゥクシ山もワイナピチュもみんな神々しい!見張り小屋小屋の裏で1枚。儀式の石マチュピチュ市街地の入口、王女の宮殿も見える。左下が入口。手前の建物群の右下に太陽の神殿、王女の宮殿、王の別荘がある。入口のupはこれ。日時計丘の頂上にある。向こうが西。向こうが北だ。南十字星の方向を指す石。マチュピチュ山のやや右方...

旅の空から[異国の細道]90・ペルー27・マチュピチュ3・太陽の門・インカ橋・・Vol.132.2014.10.22

入山ゲートで、下山時間を記入し、ボニータ係官に「チャオ!」と言って別れ、インカ橋との分岐点近くまできた時だった。「いかがでしたか!」と声がかかった。頂上付近で出会った日本人男女の2人だった。出会ったときは、彼らはすでに登頂し、これから降るところでガイドを連れていた。恋人同士ではなく、ガイドの申し込み時に知り合ったようだ。気持ちのいい若者だった。ガイドも感じがよかった。頂上付近でしばらくおしゃべりを...