旅の空から[異国の細道]10・ブラジル2・リオ2・・・Vol.30・・・2014.5.30

リオ2日目。朝のコパカバーナ。(宿の定位置から。ここでの止まり木になりそうな場所です)8:30宿を出て、滞在のファベーラ”バビロニア”の裏山に登った。上の写真は、朝9時の山から見たコパカバーナとポン・ジ・アスーカル(砂糖パンの山)。そして、山から違う道を降りて、レーメ海岸の東側に出た。そこからレーメ海岸、続いてコパカバーナ海岸方面を撮ったのが、下の写真。朝市があったので、オレンジを買った。12個で6...

旅の空から[異国の細道]9・ブラジル1・リオ1・・・Vol.29・・・2014.5.29

リオデジャネイロに到着した。5月29日早朝4時50分、まだ、朝日は見えず暗闇の中だった。28日午後2時、羽田発ルフトハンザ航空、フランクフルト経由で乗り継ぎ時間の3時間を含めて合計27時間の飛行機旅だった。私の荷物ロシナンテがなかなか出てこない、ふと嫌な予感がした。皆自分の荷物をピックアップし終えさっさと出て行く。見渡すともうひともまばらになってきた。しかし不安ははずれ、私のロシナンテは意気揚々と...

行雲流水9・ラストナイト・・・Vol.28・・・2014.5.27

いよいよ明日出発です。日本からの発信はこれが最後です。AEさん、明日誕生日おめでとう!おかあさんを亡くされて、それどころではないとおもいますが、新しい出発、いいものになりますよう祈ります。私の最後の相棒YK、また、飲もう!KKさん、コメント待っていますよ! ワンちゃんだよりとともに。先日”仮の止まり木”に行ってきました。訂正します。"仮り”ではありません。”止まり木”でした。店長、ありがとう!店の名前は、缶...

旅の空から[異国の細道]旅の準備編6・・・Vol.27・・・2014.5.27

春先のことだった。友人のTMが「南米、特にブラジルの一人者がいる。いい男だ。会ってみないか」というので新橋に出かけた。実は、昨年にも言われたことがあった。そのときは、私も懇意にしている旅行会社があったので「そうだね・・・」で終わっていた。そしてそこに仮見積りなどを依頼してもいた。が、なかなか反応がないことも会ってみる一因となった。行った先は「アルファ・インテル南米交流」という旅行社だった。TMの知人は...

旅の空から{大和まほろば・わが日本]1/家族旅行・・・Vol.26・・・2014.5.25

5月18日・19日の1泊2日で千葉の養老渓谷に行ってきた。家族旅行だ。しばらく家族とも会えなくなるということで、温泉にでも入ってゆっくりしようか、ということになった。レインボーブリッジを渡り、海ほたるで休憩し、千葉に入った。昼食は富津・竹岡の食堂「まるとし」、場所はもう少し先に行くと金谷、というあたりにある。私は「黄金アジフライ定食」を注文した。とてもうまかった、人気だそうだ。早めに宿に着いた。旅...

行雲流水8・止まり木の下2:日月めぐり・・・Vol.25。2014.5.16

敬愛するMIが、2年ほど前、季刊『清水』の取材で訪れた地のことをブログ「僕の寄り道ー清水目玉焼き」に書いていた。彼は、『清水』No.45の特集「興津川を流れ下る」の取材で、そこを訪れた。2012年夏のことだったと記憶する。かつて、興津川流域に小島藩という小藩があり、その陣屋跡の写真が文とともにブログに載っていた。そこに、作家の諸田玲子著『日月めぐる』のことも書いてあった。私は、例の如く、すぐアマゾンン...

旅の空から[異国の細道]7・旅の準備編5:ビーサン・・・Vol.24、 2014.5.15

旅の足元は、靴とサンダルで。移動時と長い散策や軽登山時は、ウォーキングシューズ。これは、半年前から日常的に使っているものを履いていく。日常、ブラリ歩きの街散策や海岸散歩は、ビーチサンダル。ビーサンには、少し理由もある。旅行者でなく、ずっとそこら辺に住んでいるもの風に見られたく、チョッとコンビ二に煙草でも買いに来た奴だな、などと思われれば、危険防止のひとつくらいにはなるだろう、との思いもある。また、...

W杯2014ブラジル4・開幕前夜4:23戦士発表!・・・Vol.23・2014.5.14

5月12日、日本代表が決まった。驚きは今回もやはり最後にあった。23人目の名前をザッケロー二は言った。「ヨザク」と聞こえた。ウン?「与作?」会場もザワザワとなった。大迫のことだった。GK:川島、西川、権田DF:今野、伊野波、長友、森重、内田、吉田、酒井宏、酒井高、MF:遠藤、長谷部、青山、山口FW:大久保、岡崎、本田、香川、清武、柿谷、齊藤、大迫・・・・結果を見・聞けばなるほどだったが、細貝がはずれ...

はじめに4・「はじめに」の前・・・Vol.22・・・2014.5.12

5月12日、今朝は早く起きてしまった。子どものころの遠足に行く朝と同じだ。なぜかどきどきワクワクする。日本代表発表は、午後の2時だ!時間がまだたっぷりあるので、定位置で、あれこれ思案していたら、大事なことを忘れていることに気がついた。このブログを始めるにあたっての口上は、最初の「はじめに~夢の続き・旅の再開」に書いたとおりだが、ブログをやろうと決めたのには、2つ理由があった。1人の強い脅迫(おすすめ)と...

W杯2014ブラジル3・開幕前夜3:イビツァ・オシム・・・Vol.21・2014.5.11

「ボスニア・ヘルツェゴビナ、W杯初出場おめでとうございます!」遅まきながら、心からの祝福を、イビツァ・オシムさんとボスニアの人たちにに捧げます。2005年12月に発行された木村元彦著『オシムの言葉』は衝撃だった。すでにジェフの監督オシムから発せられる言葉は通訳の間瀬秀一を介して人々を虜にしていたが、この木村の本によってさらに多くの人の耳目を集めた。「アイデアのない人間もサッカーはできるが、サッカー選手に...