再会・・・Vol.742

笑顔で手を振っている男がいた。友人のIから「軽く飲るから出てこないか」と連絡が入った。「八王子からは遠いので都合がつけば・・・」とも言った。確かに近くはない、2%くらい一瞬躊躇したことは事実だが、喜んで出かけた。場所は王子。Iの知人がやっている「NEWA PASA」というネパール料理の店だ。「ネパールの友」という意味らしい。店に行く前に飛鳥山公園を少し案内してくれるということだった。実は飛鳥山は一度ぜひ行...

ちょっといい ・ ひと 19 ・・・パラグアイ・・・Vol. 232。2015.211

南米の”ちょっといい・ひと”は今回が最後。昨年5月にブラジルに渡ったが、事前には、W杯後の旅の計画は漠然としたものだった。イグアスの滝やイースター島、アマゾン、インカ遺跡やマヤ遺跡などは見れればいいな程度のつもりで現地に到着してしまっていた。W杯期間中やW杯が終わってからリオでジックリと計画を練ればいいと思っていた。その時は、メキシコへはぜひ行こうと思っていたのだが、イザ計画を練り出すとなかなかうまく...

ちょっといい ・ ひと 18 ・・・アルゼンチン・・・Vol. 231。2015.2.10

エルチャルテン、フイッツロイへのトレッキング。昨日もセロ・トーレへ行く途中、彼と出会った。今日もまた同じコースだった。結構速いスピードで昨日も今日も私を追い越して行った。目的地に着いたら寄ってきた。イミグレア君、オーストラリアはパースからやって来ていた。フイッツロイ山と湖をバックに。エル・カラファテのいいひとは、やはり「宮里イン」のご家族。リュー君、おばあちゃん、あかりチャン、ご主人のホルヘさんと...

ちょっといい ・ ひと 17 ・・・チリ・・・Vol. 230。2015.2.9

笛吹く男。アタカマ砂漠プカラ遺跡の夕暮れ、どこからかエル・コンドル・パサ(コンドルは飛んでいく♪)が廃墟に流れて来た。この地を愛する民の末裔アタカメーニャ(アタカマ人)だった。アタカマ砂漠”月の谷”ツアーのガイド。イースター島。島も良し、人も良し、味も良し!島の居酒屋「甲太郎」のオーナー:フランシスコ・ザビエルとナオミ夫妻。その息子の甲太郎君、8歳。3枚目の写真は、ホテルで同宿の洪さんと友人たち。台...

ちょっといい・ひと 16・・・ボリビア ・・・Vol. 229。2015.2.8

ボリビア、コパカバーナ。リオのコパカバーナも2か月ばかり居たが、好きないい街だった、このボリビアのコパカバーナも、町は小さいが、海のような雰囲気のチチカカ湖に面し、いい所だった。日中は温かく、富士山より高地にあるということが信じられない”港町”だ。自分はこういう雰囲気の場所が、あらためて、好きなんだな、と、今思っている。いいひと、も、多い。異国の止まり木のひとつだったレストラン「ととら」のおじいさん...