椅子のある風景・ミカンの木の下で・・・Vol.1354

野外にポツンと置かれている椅子を見ると、なぜかほのぼのとした気持ちになってくる。よく通る道だが、車で通りすぎることが多かった。この日は用事があり、天気も良かったので、歩くことにしたのだったが正解だった。林の脇に小さな畑がありミカンが成っていた。見るとそばに白い椅子があった。暖かな陽を集めて光っていた。きっと農作業に来たお婆さんが、時々作業の手を休めて、ここに座るのだろう・・・。こんな勝手な想像が湧...

まごころ保育園・・・Vol.1352

日曜日だったが、ブラブラ散歩をしながら保育展に出かけた。法人は長い歴史と伝統を誇り、確固たる理念を持った保育実践で知られる。八王子市内に3つ保育園を経営していて、そのうちのひとつが2年ほど前に法人分離して独立し「まごころ保育園」と名称も変えた。伝統と独特な保育は引き継ぎ、さらに新理事長の想いを上乗せしていくという。園は館ヶ丘団地という団地の中にあり、開設から半世紀近くになる。団地は高齢化が進み高齢...

旧道横山60号線・・・Vol.1350

家の裏山の上の林の中を旧横山60号線が通っている。昔は生活道路だったが、今の60号線は山の下、民家の脇を走っている。旧道は、湯殿川沿い、御霊神社近くからホタルの里あたりまで続いており、愛犬との散歩の帰りはここを逆にホタルの里方面から帰って来た。もうじき2月26日から一部分が通行止めとなり、2~3年通ることが出来なくなるから、名残を惜しんでおこうと思ったのだった。八王子南バイパスが完成したら、旧道にはバイパ...

そしていつものように・・・Vol.1349

午後3時に、羽生選手の活躍などを見終えてテレビのスィッチを切り、いつものように愛犬との散歩に出かけた。まだ陽もあったので、住宅街を抜けてホタルの里の奥の山道を選んだ。雪がところどころ樹間に残ってはいたが、歩く山道はすっかり溶けて秋の名残の枯葉が心地よかった。春は確実に近くまで来ているようだった。...

赤い木・・・Vol.1374

この時期は、やはり裸木が美しい。遠くの富士山や大岳山ばかりではない。スグ目の前にあるものも赤く燃え、美しい。今日もご訪問くださってありがとうございました。From Tokyo With Love 東京より愛をこめて...