時計台の下で・・・Vol.1377

一仕事終えてまた福島駅に戻って来た。年金だけでは心苦しいので酒とタバコ代の足しにと時々出稼ぎに出る。その一仕事を終え駅に戻って来たのだった。来たときは東口に出たが、今度は新幹線口に近い西口で車を降りた。「喫煙所はどこですかね?」とタバコを買ったお店の店員さんに尋ねると「時計台の下にあるわよ」とのたまう。指さされた方に出ると時計台らしきモニュメントが目に入って来た。福島の寒空の下で澄んだ冷たい気持ち...

福島の牛丼・・・Vol.1376

福島駅に到着。少しお腹に何か入れておこうとラーメン屋を探したがみつからない。代わりに牛丼屋が目に入ったので店に入った。ラーメン同様牛丼も大好きなのだ。吉野家やすき家はなく、「なか卯」という名前だった。どうやらチェーン展開をしているらしい、福島市内だけなのか県内全域に展開しているのかは知らない。ネギが入っていて「すき家」より少し甘い、うどんも付いていて490円だった。美味しい。ワンコインで食べれると...

旅の空から。会津西街道をゆく・大内宿・Vol.607

旅をしていると、フと口をついて出てくる歌がある。パリでなくても”パリの空の下、セーヌは流れ・・”とか”深く耳を澄ませば・・”とか、歌詞を見ないと全部は歌えないが、気に入ったところだけ、口ずさんでいる。”いとしき日々の・・・!”もそうだ。今日の旅の空の下は、会津西街道・大内宿だ。会津城下から旧今市市まで、全長130kmの会津西街道、下野街道ともいう。大内宿の近くには戊辰戦争の激戦地・大内峠がある。茅葺屋根...

露天風呂、東山温泉・原瀧・・・Vol.606

さー、ひと風呂浴びるとするか。結構飲んだので、気を付けて風呂に入いらなければいけない。そんな思いも吹っ飛んだ。川のほとりにある露天風呂は最高だった。向こうに見えるのは、原瀧。ライトアップされた木々もとてもイイ!宿のお客さんは皆まだ一杯飲っているのだろう、一人もいなかった。風呂から出た後、すぐにカメラを持って戻って来た、そして撮った写真が上の写真だ。東山温泉、ホテル原瀧の露天風呂だ。東山温泉は会津の...

宮泉酒造・写楽、会津には朝酒が、やはりイイ!・Vol.605

会津赤瓦城すぐ近く、名酒を造る宮泉酒造(銘醸)がある。宮泉、玄武などを世に出している。近年のブランドでは写楽がある。五百万石の米を使った純米吟醸や夢の香を使った純米酒など、いずれも純愛仕込み、と詩う。残念ながら、写楽はここでは飲めない。特約店のみの販売だ。特約店を大事にする、商売上手ともいえる。悪くはない。酒造の案内は、このお嬢さんがしてくれた。「震災の時も、店にはお客様がいました。すごかったです...