川内優輝、おめでとう!・・・Vol.898

久々に川内優輝の快走を見た。並みいる強豪の外国勢のなか、トップ集団には日本人は彼ひとり、それも25km過ぎには仕掛けたりもした。終盤には後退することなく前の2人を追い上げた。たくましい川内がそこにいた。(写真はTV朝日から)4位には無名(と言っては失礼かもしれないが)の園田27歳が入った。彼は自己ベストを7分ばかり縮めた。次回をとても期待している。低迷が続くマラソン界だが、今のところの希望の星は”...

マラソンの道、リオ五輪・・・Vol.713

リオの情熱の太陽を全身に浴びて女子の42.195kmの幕が開いた。コースは周回コース、同じ道を3周ばかりする、やや面白みに欠けるコースとなった。リオならもっと工夫してコースが出来たはずだし、TVで観戦する人たちに、もっとリオのあちこちを見せられたのにと、少し残念だった。路は山ほどあるが、走る道に改造するには無理があったのかもしれない。ただ、セントロ(旧市街)からボタフォゴ湾に出て、リオの名勝のひとつポン・ジ...

リオ五輪、女子マラソン代表選考の行方は?・Vol.477

リオ五輪に向けて、あの福士加代子(ワコール)が快走した。1月31日、大阪女子マラソンだ。久々に見せた福士節と笑顔だ。ホントはナイーブで気立てのよいひとなのだろう。この日もレース後は絶好調だった。トップでテープを切った途端に電光掲示板を振り向きガッツポーズする姿がTVに写った。2時間22分17秒!「やった!」である。陸連が代表選考に設定したタイムは2:22’30だ。切った。レース後半からラビットととの...

スポーツ、マラソン・駅伝 3 ・・・大阪国際女子マラソン・・・Vol .216。2015,1.26

世界は遠い。そんな結果だった。終わってみれば、ガメラ(ウクライナ、31歳)の圧勝、しかも大阪で3連覇という偉業。さらに自己記録を2分近く縮めての優勝だ。8歳になる娘とのツーショットが微笑ましい。前回のオリンピック代表の天満屋・重友梨佐は、折り返しまで、おおいに期待をもたせてくれたが、失速し最後はトップと4分以上離されての3位に終わった。タイムは2時間26分39秒、自己記録より3分以上遅い。長いトン...

スポーツ、マラソン・駅伝 2 ・・・箱根駅伝・・・Vol.203。2015,1,5

ここ40年ばかりの1月2日、3日はTVで箱根駅伝の応援をし続けている。理屈抜きに母校の応援と自分の出身県:長野に関わりのある選手の応援だ。もちろん、披露されるエピソードなども楽しい。何度か道路脇で応援を!と、思ったこともあるが、全体把握に難があるなと思って出かけていない。今年のトピックは、なんといっても、青山学院の初優勝だ。そして、初出場の創価大学だろう。創価大学は、参加大学では42校目という。新し...