Morning Gloly・・・Vol.1153

今年も朝顔が咲いた。毎年同じ種からなので毎年同じ色で咲く。この淡いブルーが大好きだから。これは今朝の朝顔だが、実は今夏の最初は1日に咲いていた。このところ若くはないのに夜更かしも多く、起きるのが遅い。1日は見たら萎れかかっていた。やっと今日撮ることが出来た。葉っぱも観ていて飽きない。葉の縁の線などもくっきりしていて、これも見飽きない。玄関脇の柱に巻きつけているのだが、少し手間がかかっている。プランタ...

Water Lily ? ・・・・Vol.1152

シュロを切り倒し、とりあえず枝だけは払おうと潰されかかった植込みなどにも手を入れた。ブッシュの陰から顔を出したものがある。可憐な花だった。ホテイ草だ。花が咲くのを楽しみに鉢に入れておいたのだったが忘れていた。水鉢のメダカは大分前に水槽に移してから鉢のことはほとんど忘れていたのだ。シュロが教えてくれたというところだ。以前も書いたが、この花を見ると思い出す。「ホテイ草は英語で何というか知っているか?」...

お別れ・・・Vol.1151

人との別れもあるが、木や花との別れもある。今日、庭の棕櫚の木を切り倒した。20年くらい付き合っていただろうか。気が付いたときには30cmくらい伸びていた。鳥が運んできたか、風に乗ってやって来たか、いつの間にか芽を出していた。庭の隅に生えたものだから、ちょうどいいとばかり、大事に育てた。大事にと言っても、ただ見守っていただけだが、それでも時々枝、と言うか葉というか、それは下の方のものを一応剪定してはいた...

夢 幻の如く・・・Vol.1150

突然、訃報が飛び込んできた。10日ばかり前に飲んだ方だった。その時は、とても元気でおいしそうに酒を飲んでいた。病気があるとは聞いていなかったが・・・。庭木を剪定していて脚立から落ち逝ってしまったのだと言う。心からお悔やみするが、それにしても、だ。人間、明日のことはわからないもの、今は、ただ、つくづくと”人生の無常”とは、こんなことかと驚くばかりだ。10日前の柔和な笑顔が忘れられない。ご冥福をお祈りします...

俺にも言わせろ・腹すえろ!・・・Vol.1140

今日もとても楽しい暑気払いだった。2次会へも行きたかったが、勇気を出して断念した。“飲めるうちが花、歩けるうちが花”で歩いて帰った。歩きながら思い出してスマホの電源をONにした。歩数計で東海道歩き旅をやっている、今日はここまで、あと何歩で次の宿デス、などと言うアレだ。妻が先を行っている。「私はここよ」などと少々自慢げに言う。大体同じだと思っているのだが、スマホの数字は違う。私はスイッチを入れ忘れるこ...