旅の空から[異国の細道]59・エクアドル8・・・インガピルカ・・・Vol.98.2014.9.11

インガピルカ Ingapirca 。紀元前1000年ころ栄えたカニャーリ族の都、その後インカ帝国の北の拠点となった。カニャーリは太陰暦を、インカは太陽崇拝。インカはカニャーリの建造物の上に神殿を建て、太陽崇拝を広めることに力を入れたという。...

旅の空から[異国の細道]58・エクアドル7・・・クエンカCuenca・・・Vol.97.2014.9.10

静かに時が流れていく街、クエンカ。カニャーリ族の土地にスペインがやって来て以来スペイン風の街となった。16世紀から今日まで変わっていないという。街は世界遺産なので、今後100年経っても、このままなのだろう!街路の石畳の石も、壊れると、昔ながらの石切産地の石を使うよう決められているそうだ。今、隣の大聖堂の鐘が鳴り出した!午後5時50分だ。クエンカに着いてすぐに知り合ったケーンが「近くに安くて美味しい店がある...

旅の空から[異国の細道]57・エクアドル6・・・グアヤキル・・・Vol.96.2014.9.9

町にはグアヤス川が流れ、56km下流で太平洋に注ぐ。バニョスから291km、バスで6時間半、8ドル。夜7時半にバスターミナルに到着した。バスターミナルは3階建てのたいへん立派な施設だった。多分空港より賑やかなのではないか!すごい人の数だった。怪しい雰囲気はなく都会の賑やかさだった。人口350万人、エクアドル第一の都市だ。首都のキトが2番目、第3がクエンカで50万人。グアヤス川の川沿いは遊歩道になっていて"マレコン2000"...

旅の空から[異国の細道]56・エクアドル5・・・バニョスBanos・・・Vol.95.2014.9.8

キトから176km、バスで4時間、温泉と活火山の町バニョスにやって来た。バス代は3.7ドルだった。バニョス-デ-アグア-サンタ。標高1800m、キトより約1000m低い。宿の屋上が私の止まり木になったが、ここから名物のビルヘン滝がよく見えた。散歩がてら、ほかの滝を見に出かけた。帽子着用。再度、ビルヘン滝を(^o^)!!当然カテドラルもあった。町の下を流れるパスタリッツア川は遥か東でアマゾン川となる。ここで、バンジージャンプ...

旅の空から[異国の細道]55・エクアドル4・・・キトQuito・・・Vol.94.2014.9.7

また南半球にやって来た!1か月ぶりだ。エクアドルの首都キトは、標高2800m、ほぼ赤道直下だ。北方22kmのところに赤道記念碑ミタ-デ-モンドがある。メトロバスと市バスを乗り継いで片道約2時間、25セント+2ドル25セントだった。キトの西には、ピチャンチ山4794mがそび立っ。ケ─ブル力─で標高差1300mを一気に上がる。4100mで降りて4300mくらいまで散策した。いい空気のなか恐縮しながら、一服させていただいた。うまかった!宿の近...