旅の空から[異国の細道]161・余談11・・・異国の止まり木4・・・Vol.207。2015.1.14.

異国の止まり木 4ウルグアイ、パラグアイ。パタゴニア~イグアス~そしてブエノスアイレス。ウルグアイ URUGUAYコロニア・デル・サクラメント Colonia del Sacramento瀟洒な建物が多いコロニア。もう少し長く居たかった街だ。岬のレストラン。そして宿の中庭が私の”止まり木”。パラグアイ PARAGUAYイグアス日本人移住地 Colonia Japonesこの花の下が”定位置”だ。真夏ゆえ、暑い!蚊も当然出る、ので、足元には蚊取り線香を置...

旅の空から[異国の細道]160・余談10・・・異国の止まり木3・・・Vol.206。2015.1.13.

仕事の帰りにチョッと寄っていきたい場所、家で好きな場所、街中で気に入っている場所、そこにいると寛げていいひと時を過ごせる処、そんなようなところを私は”止まり木”と呼んでいるが、もちろん旅先にも、それ、はあった。今回は、ボリビア、チリから”異国の止まり木”を振り返ってみる。ボリビア BOLIVIAコパカバーナ Copacabanaチチカカ湖の南、ボリビア側のチチカカ湖の玄関といえるコパカバーナの街。水辺のレストランの2...

旅の空から[異国の細道]159・余談9・・・異国の止まり木 2 ・・・Vol.205・2015.1.10

宿の決め方は、現地に着いて探す場合と、あらかじめインターネットなどで調べて予約する場合、旅人から「ここがいいよ」などと聞いてあたりをつけていく場合などがあるが、私の場合、たとえ1坪くらいでも、一服できる場所があるかどうかが決め手の大きな要素になる。古い邸宅を改装した宿などは、大概中庭があり快適なスペースがある。庭などがなくても、たとえばビルの7階とかでもベランダなどがあればいい。レストランでも宿で...

旅の空から[異国の細道]158・余談8・・・異国の止まり木 1 ・・・Vol.204・2015.1.6.

7か月ぶりに日本の月を見た。我が家の”止まり木”から。真東でなく、東北東から上ってきた。昔、菅原都々子が歌った♫月がとっても青いから 遠回りして帰ろう♫のような蒼い月ではなかった。少し茶色がかっていた。新年1月5日、寒いが、手袋をして”止まり木”で飲んだ。発泡酒にしたのは、妻に言われたわけではない、自主的に、これにした。・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・朝は止...

旅の空から[異国の細道]157・余談7・・・駄々をこねたロシナンテ・・・Vol.198・2014.12.28.

8月22日、日本でいえば冬の2月といったところだろうか。コロンビアの首都ボゴタに着いた。翌朝の気温は8度だった。標高2640m.。宿「Bakano Backpackers」にたどり着き、一服し、さて荷を解くかと、鼻歌まじりで愛馬ロシナンテ(旅行かばん)の轡をはずしにかかった。鍵は、左右にひとつずつあり、3桁の数字合わせのヤツだ。そしてもうひとつ、ベルトで締めている。ベルトは、普通の鍵だが、これはすぐ開いた。数字合わせの左...